こんなことがありました

2020年11月の記事一覧

花丸 理科とプログラミング教育…。(6年2組:授業研究会)

 5校時目、本年度第3回目の授業研究会全体授業を行いました。「自ら学び、共に高め合う子どもの育成」を研究主題に据え、理科と算数科を中心として研究を進めています。 
 今回は、6年2組の渡邉先生が「理科・電気と私たちのくらし」をプログラミング教育の視点で授業を行いました。➀掲示物を用いて、既習事項を振り返りやすくする。➁ペア活動を取り入れたり、各ペアの考えを共有させたりして、協力して学習を進めていけるようにする。➂ワークシートを用いて、本時の活動の目的を明確にとらえさせるようにする。という3つの手立てを明確にし、mBotとiPadを活用して授業を組み立てました。教職3年目とは思えない落ち着きと子ども達との信頼関係が伺える授業でした。

 指導助言者には、福島大学人間発達文化学類准教授の村上正義先生においでいただき、本授業に限らず、日頃の理科の授業で大切にしたいことなどをご指導いただき、充実した研修になりました。また、小名浜方部内の小・中学校からも何名かの先生方に参加していただき貴重なご意見をいただきました。これからも一小の子ども達のために、日々の授業を充実させていきたいと考えています。

雨 冷たい雨の中を…。

 今朝は、三岡(南君が塚交差点)方面の登校の様子を見守りました。冷たい雨が降る中での登校でしたが、あいさつにも元気があり安全に登校することができました。昨日の一斉メールでもお知らせしましたが、本日は授業研究会があるため全学年14時頃の下校になります。下校後や週末の過ごし方について、感染症防止の観点から各ご家庭での子どもたちへの具体的な声かけをよろしくお願いします。

スポーツこころのプロジェクト「笑顔の教室」…。(5年)

 5年生の子ども達を対象に毎年行っている、スポーツこころのプロジェクト「笑顔の教室」を1組が3・4校時、2組が5・6校時に実施しました。今回の夢先生は、女子フットサル日本代表の藤田安澄(ふじたあずみ)先生に行っていただきました。コロナ禍のため、東京都と本校を結びリモートで行いました。藤田先生の体験談から「夢」を持つことの素晴らしさ等について学び、実際に自分の将来の夢について考えました。先生からは、夢を実現するために大切な2つの言葉をいただきました。

① 本気

② 継続は力なり

 短い時間でしたが、子ども達が将来を見つめる貴重な時間になりました。

ピース 3年生の授業から…。

 3年生の授業の様子です。1組は国語、「ことわざ辞典」を作っていました。国語辞典を活用したり、先生にアドバイスをいただいたり、友だちと交流したりしながら生き生きと活動していました。2組は専科の社会科、「火事からまちを守る」単元の学習です。いわき市の資料集やビデオ等を参考に、消防士の仕事について理解を深めていました。

了解 2年生の授業から…。

 2年生の授業の様子です。1組は図工、「まどをひらいて」の題材に取り組みました。画用紙を見開きに切り、そこから見える風景等を工夫していく学習です。2組は国語、「わたしはおねえさん」の単元を学習しています。場面ごとに内容を読み取ることを目的としています。両学級とも、集中して取り組んでいました。

 

キラキラ 華道体験を行いました…。(6年:総合学習)

 3・4校時目、6年生は総合学習で「華道教室」を行いました。講師は、本校職員OB等で小原流の先生方です。「たてるかたち」をテーマに、主枝(赤芽柳)・客枝(オンジューム)・中間枝(赤芽柳・カーネーション・レザーファン)を生けました。子ども達にとっては、初めての体験でしたが、講師の皆様から丁寧なご指導を受け、日本古来の文化を経験する良い機会となりました。本日持ち帰りますので、玄関等に飾っていただきご鑑賞ください。

ハート 「親子で読書」ありがとうございました…。

 10月27日~11月9日は、第6回の「親子で読書」の期間でした。親子で同じ本を読み、それぞれに感想を書いてもらい親子で読書のよさを感じてもらうことを目的として行いました。たくさんの方々に実施していただき、カードを提出していただきました。各学年の掲示板に紹介させていただきました。お忙しい中、ありがとうございました。

美術・図工 かざって、何入れよう…?(1年:図工)

 木曜日は、1年生の子どもたちが楽しみにしている図工がある日です。今日は、「かざって 何いれよう」。自分で持ってきた箱に、いろいろな飾りをつけ宝箱のように仕上げていく題材です。ふたをつけたり、2段に重ねたりする子もいました。どの子も、発想豊かに作品作りに取り組んでいました。