こんなことがありました。

できごと

今日の授業ハイライト(セリフは全部イメージです←強調)

英語です。

「これが『挙手』だあ!」

同じく英語

「これが『音読』だあ!」

次に美術では

「実はマスキングテープ!」

次に書写

「月一(つきいち)?いやいや『げっこう』です」

「ちょっと待て! 時を戻そう!」

以上、セリフは全て、完全にイメージです!

学校はネタの宝庫で、楽しいです。

昼休み、何してた? ←どこかのTVドラマのタイトルのようですが

中学生は風の子! と、ばかりに校庭で身体を動かす若者たち

ボール遊びです

ボール遊びです

ボール遊びです

ラグビーです

目指せ東京2020です

一方、図書館では

本を読む人

借りる人、貸す人

そして!

やはり3年生は自主学習。

写真が暗いのは、撮り方のせいです。

決してこの教室の雰囲気が暗いというわけではありません。

以上、それぞれの昼休みでした。

新キャラ爆誕か? 

理科室廊下の掲示板に

理科で習う「周期表」について、分かりやすく解説してあります。

作者の名前は・・・

2年Kr組の楠クリプトン太郎(にねんクリプトンぐみ くすのき クリプトン たろう)

作者は、この先生(ですよね)

良いですね~「クリプトン太郎」・・・どんなビジュアルなのか・・・次回作に期待してます!

(最初の映像の解説プリント。あとで一枚ほしいです!)

コレは何でしょうか?

先週から「アレ」とか「コレ」とか。

今日はコレです。

グリーンベルト横に大きなトラックが3台到着。

何かを降ろしています。

コレです。

何?

そして、1階の秘密の部屋へ一時保管。

現状はコレです↓

秘密の箱・・・とだけ言っておきましょう。

 

先週の金曜日の「アレって何?」の「アレ」はコレです。

「アレ」の正体は、全学級に設置された大型の電子黒板(ディスプレー)です。

さっそく活用してますね。

映っているのは、英語の授業では「この季節あるある」のアレですね。

ヒント:「お主もワムよの~」←このダジャレが通用するのは、昭和の人だけです(断言!)

こちらでも

これは社会科。ベルサイユ宮殿?

宮殿といえば、先日ラジオで「シュヴァルの理想宮」という話を聞きました。

素敵な話でした。興味のある方はお調べを。

そして

こちらは定番のデジタル教科書です。

21世紀ですね。←当たり前・・・

一方、隣の実験室が怪しい雰囲気

何?

「ここの凸レンズは固定!」←セリフはほぼリアルです。

 

「このレンズ、固定だって!」←セリフはイメージです。

光の屈折の実験ですね。

「実験」という単語、萌えますよね!←何言ってんでしょうねえ・・・

 

おお、これはアレですね。・・・アレって何?

9:00 グリーンベルトの横に

2台のトラックがドーンと停まっています。

10:00 その中身は

これとか

これです。

11:00

こうなって

14:00 

そして、最終的にどうなるかは

来週のお楽しみ!

 

作業していただいたスタッフの皆様、ありがとうございました。

おかげで全クラス電子黒板配備の21世紀の学校になりました。(あっ言っちゃった!)

 

学校だより(第27号)を発行しました

今回の内容

〇中だるみ防止を!

〇受験生(と予備軍)の皆さんへ

〇来週の行事予定

こちらをクリックしてください→27号11月27日号.pdf

 

学校だより本文にも書きましたが、教科書の内容も変わることがあります。

皆さんの時は、社会科の教科書には「世界の人口は何人」と書いてありましたか?

また、以前は「いわき市の面積は日本一」と書かれてもいました。今は?

大人の皆さんも、お子さんの教科書を開いてみると面白いですよ。

ちなみに私は「世界の人口は36億人」と習いました。なので今でも、そのように頭にしみこんでいます。

でも調べてみると! あら、びっくり!(以下省略)

また一つお利口になりました。←単純に嬉しい

期末テストが終わって、様々な「静と動」が見られました。

こちらは体育には珍しく「静」

「絶~対、ケガしてほしくないので、準備体操はガッツリやってもらいます!」←セリフはほぼリアルです。

次に期末テストの答案返却にて(これは「静かな動」かな)

「これは✖ですか~? せめて△になりませんか!?」←セリフはイメージです。

次は「静」ですね。

「今回のテストの出来具合は・・・」←セリフは大体イメージです。

そして、次は

誰がどんなセリフを言っているか、みなさんで想像してみてください。

静かな駆け引きが進んでいるのでしょうか?

友人への報告も行われているようですね。

以上、期末テスト翌日の北中からお伝えしました。