こんなことがありました。

2018年1月の記事一覧

「箱根駅伝」観戦記

 去る2日と3日に「東京箱根間往復大学駅伝競走」いわゆる「箱根駅伝」を観戦してきました。


 横浜戸塚中継所と東京の読売新聞本社前のゴール地点で観戦しましたが、人、人、人で埋め尽くされていました。
 昨年度は母校の中央大が予選通過しなかったこともあり観戦しませんでしたが、観戦する度にこみ上げてくる気持ちがありました。
 自分の母校に関わらず、走っている全ての選手を応援したくなります。「なぜなのか?」と考えてみました。
 たぶん、どの選手もひたむきに走る姿が、沿道で応援する人たちに感動を与えるからだと思います。

【横浜戸塚中継所 20km以上の距離を時速20km以上で走る選手達】




 何事にも言えることかもしれませんが「ひたむきに頑張る」ことが大切なのだとつくづく思います。
 中学3年生は、今とてもつらく正念場を迎えていると思いますが、とにかく、自分を信じてひたむきに
前に進んでほしいと思います。「失敗したらどうしよう?」「不安で不安で何も手につかない」ではなく、
自分の志望校に向かって「ひたむきに」頑張ってください。
 また、1、2年生も部活動や勉強そして人との関わりにおいて、ひたむきに取り組めば、必ず自分の行動に
納得いくことができます。
 今年も「今を精一杯生きる!」「人事を尽くして天命を待つ!」をモットーに箱根駅伝を駆け抜けた大学生に
負けないようにがんばろうじゃありませんか!!!

【4連覇を果たし、胴上げして喜ぶ青山学院駅伝部】

「勿来二中入口」看板設置完了です!

 12月15日のHPで「勿来二中入口」の看板について掲載しましたが、12月下旬に「ふじ工芸」さんに
看板を設置していただきました。できるだけ目立つ方がわかりやすいということで黄色の背景に
勿来の海をイメージしたブルーの文字で「勿来二中」と書かれた看板です。
 6号国道から来た場合でも、勿来高校側から来た場合でもわかるように両面に記入してありますので
今後、来校する方のために参考になると思います。

【国道6号から来た場合は、このように見えます】




【勿来高校(マルト)側から来た場合には、このように見えます】


新年、明けましておめでとうございます

 新年、明けましておめでとうございます。
 今年が、生徒、保護者、地域、教職員の皆様にとって素晴らしい1年でありますようにご祈念申し上げます。

 さて2018年の新しい年を迎えたわけですが、誰もが「今年こそ」と思い、抱負を抱くことと思います。

 私ども教職員は、保護者そして地域の皆様のご協力を得ながら、今年一年、勿来二中の生徒達のために
全力でサポートしていく覚悟であります。
 
 本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。
                        平成30年1月1日
                        勿来第二中学校長 若松 真一