NEWS

んまつーポス ✖ おでかけアリオス ✖ イリチュー

10月19日(月)、「んまつーポス」の、あきさん、みのわさんが入遠野中学校にやってきました!

「うわー!ホンモノだー!! ジャンプ高っっ!」

前回のリモート授業から1ヶ月半、実際に会うのは今日が初めてです。お二人は宮崎からはるばる来てくれました。

今回は文化祭に向け、全校生で動画を創っていきます。100分でどこまでできるのか?どんな動画になるのか?みんなわくわくしていました。

紹介もそこそこに、早速基本の動きを練習していきます。みんな、なかなかノリがいいですね。

次は、グループごとに曲の分担を決めて、テンポに合わせ振り付けをしていきます。コンテンポラリーダンスは、良い動き悪い動きの基準がないので、みんなそれぞれに動きを創って意見を出し合います。それにしても、んまつーポスのお二人は説明が上手。生徒がすぐに乗ってきます。

先生方もみんなで考えます。大人の方が、むずかしいかも。。

外でも練習して撮影。そしてあっという間に動画が完成!本当に100分で仕上がりました。

4分ほどの動画ですが、全校生みんなが笑顔。終わりの試写会の後、生徒からの感想発表の挙手が止まりません。ダンスってすごいですね。

今回創った動画はくずのは祭で上映されます。んまつーポスのあきさん、みのわさん、遠くからありがとうございました。また、準備をしていただいたいわきアリオスの皆様、ありがとうございました。

そしてなんと!11月に3回目があります。次はどんな展開になるのか!?楽しみです。

Copyright 2014-2020 namstrops Inc. All Right Reserved.

 

入中体育フェスティバル!

第74回体育祭は、5月の開催から延期となり、10月15日(木)に開催されました。

今年は内容を一新し、「入中体育フェスティバル」と銘打ち、様々なアイディアを出し合いました。そのため、先生と生徒がみんなで盛り上げようという気持ちが随所に見られました。

開閉会式は実行委員がすべて行いました。後ろの壁にあるのは、全員手作りで作ったうちわです。当初は5月に校庭で使う予定でしたが、今回はそれらを飾ることにしました。みんな気合いが入ってます。

開会式で、まず実行委員長があいさつをしました。「みなさん、4月に決めたスローガンを覚えていますか?」全校生がいかに体育祭を楽しみにしてきたか、気持ちの伝わる素晴らしいあいさつでした。

今年は4チーム構成の対戦形式で行いました。体育の先生がいろいろな楽しむためのしかけを作ってくれました。生徒たちはそれに応えて、体育祭を盛り上げようと一生懸命でした。

開会式後、まずは準備体操。しっかりと間隔を空けて行いました。ビブスや帽子を目印にチームに分かれています。

 

今年の競技は、縄跳びチャレンジ、ドッジボール、ハンドボールキャッチ、バドミントンラリー、キックベースボールです。前半は体育館で行いました。競技中は音楽を流し、1曲分が競技時間の目安。これも体育祭を楽しむアイディアです。

アナウンスもばっちり。笑顔で大いに盛り上げてくれました。

後半は校庭へ出て、キックベースボール。みんな本気です。

 

閉会式。さあ、優勝はどこのチームでしょうか?

 

緑チーム優勝!校長先生から優勝賞品がリーダーに手渡されました。おめでとう!

最後、表彰の時には、負けたチームも惜しみなく勝ったチームを称える姿がありました。とても素晴らしいスポーツマンシップでした。自分たちで作り上げた入中体育フェスティバル。今回も生徒たちのたくさんの笑顔を見ることができました。生徒の皆さん、お疲れ様でした。

 

くずのは祭の準備が始まりました

今年もくずのは祭(文化祭)の準備が始まりました。今年は規模を縮小し、観覧は各家庭2名までと制限した中での開催となります。楽しみのお昼の飲食も控えることとなりました。少し寂しく感じるところですが、いざ準備が始まってみると生徒たちは自分たちの発表に全力投球。話し合いにも熱が入っています。

 

下の写真は、ビッグアート制作の様子です。今年は点描を一つの作品にします。小さなマス目を一つ一つ丁寧に塗っていきます。これがけっこう大変な作業。どんな作品になるか、楽しみです。

高校説明会

13日(火)本校体育館にて、生徒と3年生保護者を対象に高校説明会が行われました。例年6月に開催されていましたが、今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、10月まで延期になっていました。本校は例年1・2年生も一緒に話を聴きます。生徒たちはそれぞれの学校の特色などを見聞し、自分の進路を考える上での参考としました。

雨の中の跳躍(県陸上)

10日(土)、台風の影響で雨の降る中、県陸上大会が行われ、本校より2年女子走幅跳びに小澤さんが出場しました。砂場というより田んぼのようなコンディションでした。

踏切が雨で滑るコンディションの悪い中での競技でしたが、しっかりと力を発揮し、5位入賞しました!素晴らしいですね。おめでとうございました!

9日(金)の入中ダイジェスト

9日(金)のダイジェストをお送りします。

入遠野小学校の2年生が、「町たんけん」で入遠野中学校にやってきました。校舎内を見て回り、教頭先生にたくさんインタビューをしました。体育館では、ちょうどよさこいの練習でしたが、「あ!知ってる!」と、一緒になって踊っていました。

 

6校時に、後期生徒会総会が行われました。始めに任命が行われ、生徒会役員、専門委員会、学級役員が校長先生より任命されました。その後議長の進行により総会が進められ、各専門員会の活動計画の発表と質疑応答が行われました。いつにも増して活発な意見交換が為されました。

 

今週はALTのシドニー先生が来てくださいました。英語の授業では、シドニー先生がスライドで自分の紹介をしていましたが、急遽着物を着てもらうことになりました。日本に来て3,4度着たことはあるそうですが、とてもうれしそうでした。とても似合っていますね。シドニー先生の授業、次回は12月になります。

 

総合学習

6日(火)に行われた総合的な学習の時間の様子です。

 

1年生 総合学習「地域体験学習」

1年生総合学習。「円福寺」にて、入遠野の歴史や仏教について学びました。(新聞にも記事掲載されています。)

 

2年生 総合学習「地域学習(歴史)」

※予定していた経済体験、福祉体験から変更して行いました。

入遠野の歴史を劇で表現しようと、自分たちでシナリオ、台詞を考えて取り組んでいます。衣装も持ち寄って本格的です。どんな劇になるか、楽しみです。

 

3年生 総合学習「職場体験学習」

3年生「いわき観光まちづくりビューロー」様にお世話になりました。「ほるる」や受付カウンターなどで、観光の仕事の舞台裏を体験しました。観光の仕事の大切さを感じたようでした。

「鈴平ニューホーム」様では、実際に大型の木工の道具や機械による加工を体験しました。大工さんの技術のすごさを感じ取れたようです。

「ブイチェーン上遠野店」様では、商品陳列やレジうちを経験しました。商品の向きに気をつけたりお客様とやりとりしたりと、たくさんの経験ができたようです。

「入遠野小学校」様では、プリントの印刷や授業の見学・補助など教育の仕事に関する様々な体験しました。小さな子どもたちはすぐに馴染んで駆け寄ってくれましたが、なかなか言うことをきいてくれない場面もあり、先生の苦労を感じ取っていたようです。

職場体験を受け入れていただいた4つの事業所の皆様、お忙しい中ありがとうございました。生徒たちには将来へとつながる大変貴重な体験となりました。

 

市新人卓球大会

10月3日(土)、4日(日)、勿来南部アリーナにて市新人卓球大会が行われました。本校からは男子団体、女子団体がそれぞれ出場しました。上位進出にはなりませんでしたが、選手一人一人が引き締まる緊張感の中で精一杯プレーしていました。今回エントリーできなかった1年生も、補助員として活躍しました。各選手とも結果にとらわれることなく、次の大会に目標を定め、どんどん力をつけていってほしいと思います。

 

リモート! 情報モラル講座

2日(金)、授業参観の後に保護者・生徒・教職員が参加して「情報モラル講座」を行いました。今回は、KDDI様の協力を得て、東京と入遠野をZOOMアプリでつなぎ、リモート授業を行いました。講師の方が3つのテーマについて、動画を交えて話をしてくださり、1つのテーマごとに、生徒が講師へ質問して質疑応答を行いました。

終了後、生徒からは「自分も気をつけなければと思った。」「スマホの怖い一面を知ることができて、勉強になった。」「便利な物を使うには責任感が必要」などの感想が聞かれました。講師の宍戸様、KDDIの皆様、準備から本番までありがとうございました。

(写真ではプロジェクタ映像が薄くなっていますが、会場では双方向のビデオ通話で、普段通りのやりとりができました。)

第2回 授業参観

10月2日(金)5校時目、授業参観が行われました。本校では、消毒や検温を行い、参加するすべての保護者の皆様に授業の様子をご覧いただきました。保護者の皆様、お忙しいところお越しいただきありがとうございました。

 

3年英語「道案内」の授業。わかりやすく説明できるかな?ジェスチュアを交えて一生懸命伝えていました。

2年保体「ダンス」の授業。動画を見ながら、まずはしっかり動きをコピーします。なかなかリズム感が良いようです。

1年国語「言葉の並び方の工夫」について理解を深めよう。体言止め、倒置法、反復法など、いろいろな手法で文章を作り表現しました。

 

 

読書の秋

図書室のディスプレイがハロウィーンになりました!紅葉なども飾りつけ、すっかり秋の様相です。読書の秋、生徒の皆さん、ぜひ足を運んでくださいね。

今日の入中

2年生の女子2名が、家庭科の時間に作った消毒用の雑巾を、用務員さんにプレゼントしてくれました。用務員さんが雑巾をほしいと言っているのを聞いて、進んで作ってくれました。(ミシン糸を色違いにしてアクセントにしています)

5校時は、1年生数学の研究授業でした。「比例定数によって、グラフはどのように変化するだろうか。」

机の上は、1枚のワークシートと鉛筆、消しゴム、定規だけ。周囲の情報量を整理し、考えることに集中できる環境を作っていました。生徒たちは、聞く、書く、話し合う活動を繰り返しながら、グラフの変化について考えました。

今日は、卓球部のみの部活動でした。新人戦を間近に控え、サーブ1つにも熱が入ります。気合いが入って大きな声も出ていました。新人戦は団体戦となります。お互いに励まし合い、チーム力を高めて1勝でも多くできるよう、頑張ってほしいと思います。

今日の夕方、職員室からの景色。西の空には、文字どおり燃えるような夕焼けが見えました。

入遠野の景色、素晴らしいです。

市新人野球大会

26日(土)、27日(日)、勿来南部スタジアムにて、市新人野球大会が行われました。今年の入遠野中学校は、単独チームで挑みます。初戦の相手は勿来一中です。本日の3試合目、時折小雨の降る中、20分ほど遅れて試合が始まりました。グラウンドは、水をはじきながらボールが転がるコンディション。守備への影響が少々気になります。

1回、2回までは両チームランナーを出しながらもお互い得点することができず。3回裏にゲームは動き始めます。

入遠野中はヒットでランナーを出した後、クリーンヒットが続き、3点が入ります。同じく4回裏にも4点を追加し、7点差に。5回表、勿来一中は得点することができず、試合規定によりコールドゲームが成立しました。試合では一塁へのヘッドスライディングなど、両チームの選手ともに、1つ1つ懸命にプレーしていました。

走塁と打撃がうまくかみ合い、大量得点で勝利することができました。投手も完封し、入遠野の良さが光る1戦となりました。

 

生徒会長サミット

いわき市では、市内各校の生徒会長が集まる「生徒会長サミット」が年に数回開催されます。全国的な派遣や見学、交流などが催され、将来のいわき市のリーダーを育成する事業です。

今回は今年度第1回の集まりとして、全員の自己紹介や今後の活動、リーダーとしての意識の持ち方、情報交換が行われました。

本校生徒会長の渡辺さんは、自己紹介の後、すぐにたくさんの友達を作って楽しそうに話をしていました。

講師からは、「成功の反対は…失敗? いいえ、『何もやらないこと』じゃないでしょうか。まずは一歩踏み出しチャレンジしましょう。」

「グループは『集まり』ですが、これを『チーム』に成長させていきましょう。」

今後のサミットでの成長が楽しみです。

先輩からのエール

朝会の時間に、選手壮行会が行われました。入遠野中は、県陸上、新人野球、新人卓球に出場します。

 

まず校長先生より、「自信は、勝ったから身につくというものではありません。それまでの準備から生まれてくるものでもあります。準備を大切にしてください。しかしながら、準備が良かったからと言って、必ず勝てる訳ではありません。ほんのわずかの風向きで勝つことも負けることもあります。選手の皆さん、どんなときでも、本番の中で自分がやれることを精一杯出しきってください。」

県陸上「笑顔で帰ってこれるように頑張ります」

野球「まずは1勝を目標に頑張ります」

卓球「声を出し、あきらめず、1つでも多く勝てるよう頑張ります」

最後は引退した3年生から選手へ、エールが贈られました!

「先輩の分までがんばります!応援よろしくお願いします!」

 

防犯教室(SNS犯罪の危険性)

全校生を対象に「防犯教室」が行われました。今年はいわき南署生活安全課の宗像さんと遠野駐在所の髙津さんを講師にお招きして、SNS犯罪の危険について講話をいただきました。

「いかのおすし」は、不審者対応の合言葉ですが、SNSで気をつける合い言葉に「あとがこわい」というものがあります。「会わないで!」「撮らないで!」「画像を送らないで!」「個人情報を載せないで!」「悪口を書き込まないで!」「いじめないで!」の頭文字になっています。相手の見えないネットの世界の注意点をわかりやすくお話しいただきました。被害者にならないだけでなく、知らないうちに加害者にならないよう、十分気をつけましょう。

後期生徒会役員選挙立会演説会

17日(木)、後期生徒会役員選挙立会演説会が行われました。後期の役員には4名の生徒の立候補となったため、今回は選挙は行わず演説のみとなりました。

まず、校長先生より「自治とは、いったい何だろうか?入遠野中学校を変えるには、良いことも課題も見つめていくことが大切です。」とお話がありました。

会長立候補、渡辺さん。「私が立候補した理由は2つあります。1つめは、生徒会に入り自分自身を成長させたいということ。2つめは、新たな入中を作っていくこと。そのために皆さん一人一人の意見を大切にして、入中を自慢できる学校にしていきたい。」

副会長立候補、上遠野さん。「生徒会で反省をして次の行動につなげる、考える時間を設けていきたい。委員会と連携していきたい。やってみよう、やってみたいな、の2つを意識して活動していきたい。」

書記立候補、根本さん。「あいさつ活動に力を入れ、学校全体を明るくしていきたい。毎日の消毒など、やらなければならないことを、小さなことからしっかりすすめていきたい。」

会計立候補、小澤さん。「感染症でできることが少なくなっているが、生徒会でできることを考え、実践していきたい。学校が好きと笑顔で言えるよう目安箱を使って実現する。」

記事に載せた内容はほんの一部ですが、演説には入中を良くしようという意欲と様々なアイディアにあふれていました。また、立候補者だけでなく、応援演説者も立派な発表でした。今後の生徒会の活躍を期待させる素晴らしい演説会でした。

 

学習の様子

1年生美術の様子。みんな黙々とレリーフづくりに取り組んでいます。

粘土が固まると「彫れる」レリーフになるそうで、どんな作品になるか、完成が楽しみです。

3年生国語の様子。これからも行事はありますが、行事と学習の両立を目指して頑張っています。

2年生家庭科の様子。非常用ポーチを制作しています。小さな作品ですが、まつり縫いやミシンがけ、スナップ付けなどいろいろな要素が盛り込まれています。得意な生徒も苦手な生徒も、協力して進めています。

1年生音楽の様子。合唱の練習をする際に、理科室も使って窓際で練習しています。くずのは祭の合唱が楽しみです。

1年生技術の様子。のこぎり引きでは思うように切れずに苦労していました。それぞれの生徒が、集中して、協力して、工夫して、制作に一生懸命取り組んでいます。

入遠野ではトンボがたくさん飛んでいます。たくさんの種類のトンボがいますが、まだ赤とんぼは少ないようです。平年より暑い日が続いていますが、少しずつ秋の足音が聞こえてきています。

 

読み聞かせの時間

9月15日(火)より、「ほたるの会」の皆様による「読み聞かせ」の時間が始まりました。例年は7月から始まりますが、今年は感染症の状況を考慮しながらの実施となりました。1、2、3年生それぞれに合わせた本を読み手の方々に準備していただき、12月まで10回行う予定です。この時間を楽しみにしている生徒もおり、みんな静かに朗読に聞き入っていました。