こんなことがありました。

2017年11月の記事一覧

あなたは、このこと知ってました???

 今日29日(水)は、三者面談4日目! 昨日は1年7人、2年6人、3年10人の面談がありましたが、
今日は1年5人、2年7人、3年7人の予定です。

 今日、特に大きな話題がないので、ノー部活デーということで生徒達が早く下校する姿でも写真に撮りアップしようかと思いましたら、
生徒達の帰るのが早いこと、早いこと。結局、写真を撮ることもできず、学校に戻ってきました。

 私ごとですが、今テレビで「陸王」が流行っており、半沢直樹でも有名な作家の池井戸潤にはまっています。
 そして時々、真面目な学問?だけでなく「雑学」の本を読んで「あっ、そうだったんだあ!」と気がつくことも時に
リフレッシュできるのは私だけでしょうか?
 そこで、今日は生徒や学校のことで、ホームページに掲載する内容がなかったのですが、せっかくなので皆さんが雑学について
どの位、知っているか、出題するのも時によいと思い、クイズ形式でなるべく学校や学習に関することを5問ほど、出題します。
 あなたの「雑学」についての知識を試してみてください

第1問)人間の体は約60~70%が水分でできているという話は以前、生徒にも話し、HPにも掲載しました。
 その中で最も水分が少ないのは、当然「骨」ですが、一番水分を多く含む(約85%)のは、体のどの部分でしょうか?

第2問)英語の時間でも普段の生活でも、だれもがよく使う「オッケー」とはそもそも何の略語だと思いますか?

第3問)引き算の「-」はどうして今のような形になったのでしょうか?【難問】
<ヒント> 樽、水

第4問)なぜ暗記するのが、大人より子どもの方が強いのでしょうか?【難問】
<ヒント>東大などに楽々合格する生徒もそうなんだよね!

第5問)日本や中国等のアジア人はおじぎですが、欧米人は握手なのは、なぜ?
<ヒント>気候に関係しているんですね~! 

 ちなみに私は、1,2,5問は正解でした!
 
 解答は、明日のホームページに掲載します。
 Let's  challenge  these questions without  your smart phone and  PC.

三者面談で大切なこと! (2日目)!

 本日27日(月)、三者面談2日目です。1、2年生はそれぞれ6名ずつ、3年生が9名、せきの子2名となっています。

 1・2年生はお子さんの学校での様子(学習面・生活面)だけでなく、家庭での様子(家庭学習・お手伝い・
ゲームやスマホなどの利用時間など)も三者で話し合い、今後、改善すべきことはしっかりと取り組んでほしいと思います。
 ちなみに高校入試はまだまだ先だと思っているかもしれませんが、思ったより早く来ます。小学校の1年間が長く感じた人も
中学校の1年間はとても早く感じてましたよね。私のように50代になると「光陰矢のごとし」で1年がアッという間です。
 特に高校入試では、2年生までの内容が7割程度出題されます。今学習していることを今できるようにしておくことが大切です。

 3年生は、自分の希望する進路の実現に向けて、納得のいく面談にするために、冷静にそして現実としっかりと向き合って話し合いを進めてください。
 具体的な例を挙げると、例えば第一志望のA高校を考えているが、過去の資料やデータから判断し、微妙な場合や厳しい場合はどうするか?
例えば、「私立高校を併願して第一志望のA高校に挑戦する」、「県立にどうしても行きたいから志望校を変更しB高校にする」など。
 どの選択肢を選んだとしても、納得のいく選択をしてほしいと思います。絶対にイメージだけで決めたり、見栄を張っただけの選択はしないことです。

 「これがベスト!」と思える決定は難しいかもしれません。そしてこれから3月まで受験への不安から勉強が手につかなくなる生徒も過去に多くいました。
 大切なことは、納得のいく進路先を決定したなら、後は自分を信じて自分を奮い立たせることです。要するに何が何でも〇〇高校に進学したければ、それ相応の努力が必要です。入試までの残りの生活を学習中心に組み立てることです。

 ただやみくもに学習するのではなく「過去問を徹底的にこなし、設問のパターンを知ること」、「50分で解く場合、必ず時間内に終える訓練をすること」、
「過去の学力テストや問題集で間違った所を徹底的にやり直すこと」そして「学習計画では無理のない余裕のある計画を作ること」などが大切です。

 希望する進路を達成したいなら、それなりの苦労と努力が必要です。
“ No  pains,  No  gains. ” 「苦労なくして成果無し」
“ No  sweet  without  sweat. ” 「汗を流さずに甘い物はもらえない。」


【写真はイメージ映像で本校生ではありません】

餅つき大会(関の子広場)12/23開催!

 本日27日(月)、関の子広場の田山会長が来校し、例年実施している「もちつき大会」のポスターを持参していただきました。
 写真にあるように終業式の翌日12月23日(土)の午前10時から勿来駅前の関の子広場で開催されます。
 小学生、中学生、高校生による開催メッセージの後、実際に餅つきを体験し、その後、餅の料理をいただけるようです。
 参加無料ですのでぜひ多くの方に参加していただければと、田山会長がお話ししていました。
 ぜひ、中学生の皆さんも地域行事に参加して、心もお腹も暖(温)かくなってほしいと思います。

期末テスト終了! 三者面談スタート!

本日24日(金)の1校時から3校時に「数学」「音楽」「英語」の3教科のテストを終え、2学期の期末テストが終了しました。
 来週、結果が各教科で出ますが、点数の良し悪しだけで一喜一憂するのではなく、以前ホームページで9月28日に掲載した「中間テスト終了。いざ文化祭モードへ」で掲載しました
「どんな種類の間違いなのか」を確認してほしいと思います。それが、学力向上への近道です。

 さて、本日の午後から全学年で三者面談が開始されました。本日は1年生が6件、2年生が5件、3年生が11件の三者相談が行われました。
 1、2年生は主に学習と生活の両面について各担任から話がありました。
 3年生は、進路面での相談が主になります。特に福島高専(推薦)、私立高校(茨城キリスト、明秀日立、いわき秀英、磐城緑蔭、磐城一高、東日大昌平)、県立高校Ⅰ期選抜の受験の有無を確定する大切な面談です。
親子でしっかりと話し合って臨んでほしいと思います。三者面談の写真掲載はプライベートに関することですので、掲載いたしません。

 3年生は12月1日に学力テストがあります。三者面談期間中に計画的な家庭学習を行うようにご家庭でもご協力ください。
また、1・2年生は、期末テストが返却されてからの復習を必ず行ってください。

 残り1ヶ月となった2学期を有意義に過ごすように学校でも指導しますので、ご家庭でもご支援ください。

今日は大切な期末テスト1日目!

 本日22日(水)は、期末テスト初日ということで、理科→保体→社会→技家→国語の5教科のテストがありました。
 生徒達は、真剣な態度でテストに臨んでいました。特に3年生は入試においても大切なテストということもあり、必死に取り組んでいました。
 明日は、勤労感謝の日で祝日ですので、計画的に学習をしてあさっての期末テスト2日目に備えてほしいと思います。
 学習量が全てではありませんが、やはり休みの日は1教科1時間学習しても3時間です。ですから最低4~5時間は学習してほしいと思います。
 中には1日10時間以上の学習時間という生徒もいます。24日(金)は数学、音楽、英語です。
 なお、24日(金)から三者相談が始まります。24,27,28,29,30の5日間です。詳しくは各担任から出ていますのでご覧ください。

【期末テスト 1年】



【期末テスト 2年】



【期末テスト 3年2組】



【期末テスト 3年1組】



【期末テスト せきの子】

磐農に続いて、勿来工生が来校し「キャリア教育」!

本日21日(火)は、「キャリア教育事業」で勿来工業高校の生徒と教職員の皆さん30数名の方が本校に来校し、
5つのブースに分かれて、各学科の高校生による説明を聞きました。
 先週は、磐農を訪問し、各学科の体験実習を実施しました。
 今回は、機械科、電気科、電子科、建築科、工業化学科の5つの学科のブースを1年生が順番に回って説明を聞くことができました。
 説明を聞いた生徒に印象を聞いたところ、「高校の皆さんは、親切丁寧に説明してくれました。」とか
「各学科の説明を聞いて、5つの学科の特徴や違いがよくわかりました。」などの感想が聞かれました。
 キャリア教育も磐農2回、勿来工1回の3回実施し、残すは12月8日に勿来工を訪問し、実習体験を行うだけになりました。
 2,3年生の先輩も同じ体験をして、磐農や勿来工に進学したいと考える生徒が増えてきています。
 将来の希望する進路選択に生かしてほしいと思います。

各ブースの「こんな生徒を募集しています。」と写真を掲載します。
機械科】
ものづくりに興味がある生徒。将来エンジニアになるために専門の知識や技術を意欲的に学ぶ意志のある生徒



【電気科】
電気に興味・関心があり、積極的に学ぶ意欲がある生徒。電気工事士等の資格取得を希望し、
学校生活に明確な目標を持って取り組める生徒。将来、電気関係の分野に就職又は進学したいと考える生徒。



【電子科】
電子回路に興味があり、身近にある電子機器がどのように動作するのか学びたい生徒。パソコンについて
いろいろなことを学びたい生徒。工事担任者等の資格を希望する生徒。



【建築科】
建物がどのように造られるかに興味・関心がある生徒。細かい作業が好きで根気強く取り組める生徒。
建築関係に就職・進学を考え、挨拶・返事・掃除などしっかりできる生徒。



【工業化学科】
化学に興味があり、何事にも真面目に取り組める生徒。危険物取扱者の資格取得に強い意欲を持つ生徒。
化学系企業への就職や大学進学を希望する生徒。



【生徒お礼の言葉】


【勿来工の校舎】
勿来工と磐農の校舎は、新校舎でとても綺麗です。

 

 1年生がキャリア教育を行っている午後、3年生は進路での願書や志願理由書の下書き、
そして2,3年生は6校時に明日から始まる2学期の期末テストの勉強に励んでいました。
【2年生の学習の様子】




【3年1組の学習の様子】



【3年2組の学習の様子】

数学、作文、音楽部門で活躍!

 本校生は様々な部門に意欲的に参加し、表彰を受けるなどの活躍をしています。

【数学ジュニアオリンピック】
 今回の算数・数学オリンピックにはいわきの小中学生が県内の参加者の約3分の1の411名が参加しました。
 その中で、大槻歩夢君(2年)、山田慶徳君(2年)が奨励賞の受賞を得ました。

【第71回県下小中音楽祭(第三部創作)いわき大会】
小野史織
さん(3年)が入選の受賞を得ました。

いわき市のいじめ根絶作品の標語部門】
五十嵐愛斗
君(1年)が優良賞に、浅尾和歌南さん(1年)が佳作の受賞を得ました。
【写真は、15日市役所東分庁で表彰式後に行われた受賞者の記念写真】


また、本日は、アリオスで行われたヤングアメリカンズ北郷亜海さん(3年)と大槻歩夢君(2年)が参加しました。
 先日、全校集会で話しましたが、皆さん一人ひとりが奇跡的に誕生した素晴らしい存在です。
「どうしようかな?」「失敗したら嫌だな!」と考える前に、一歩踏み出してみてはどうですか? 
全校集会でも言いましたね、「失敗からいろんなことを学ぶのです。」
あなたの知らなかった世界を体験できたり、様々なことに可能性が見いだせるかもしれません。
"  Believe  in  your  possibility  and  ability,  and  you can  spread  your  wonderful  world  more . "
チャレンジして自分の可能性を探ってみてください。

磐農で貴重な実習体験できました!写真27枚掲載!

 本日17日(金)の午後、1年生がバスで磐城農業高校を訪問し、グループに分かれて実習体験をしました。

 「作物実習」「野菜実習」「緑地土木」「「食品製造」にそれぞれ分かれて貴重な体験をしてきました。
 お土産として野菜などをいただいた生徒もいます。今日の体験について、ご家庭での夕食時の話題にしていただければと思います。

【勿来二中での出発式】


【開講式後、各班ごとに移動開始】


【飼育されている牛も突然の訪問に、顔を出して歓迎の挨拶してくれました??】


【食品製造】15名の生徒が参加。高校生にリンゴジャムの作り方を教えていただきながら、協力してジャムを作っていました。






【作物実習】5名が参加。稲作についての説明の後、米粒の選定、そしていわきの金のつぶとコシヒカリの試食をしました。
5人のうち4人は「金のつぶ」の方がおいしかったと話していました。





【緑地土木】4名参加 様々な樹木について説明を受けた後、実際に剪定などを経験しました。






【野菜実習】5名参加 ビニールハウスでホウレンソウの収穫の作業を高校生に教えてもらいながら行っていました。
今日の夕食は、ホウレンソウを使った料理かな?





【閉講式】【磐城農業高校の校長先生からのお話】


磐城農業高校の校長先生からお話をいただきました。
農業というと、作業ばかりしているイメージがあるかもしれませんが、実際にはバイオテクノロジーの勉強など最先端の勉強も多くします。
また、卒業後に就職する生徒ばかりではなく、大学の農学部に進学をする生徒もいます。
東京農大や国立大学にも農業高校枠で進める魅力がありますので、ぜひ3年後に磐農を受験してください。」という内容でした。
他にも英語検定2級に合格した生徒がいたり、挨拶を元気よく行う磐農生、そして県内で最も新しい校舎など魅力がいっぱいでした。
3年生になると夏の体験入学や秋の磐農レッツトライなどの経験ができますので、ぜひ進路選択に生かしてほしいと思います。

【生徒代表のお礼の言葉】


【帰校しバスを降りる生徒達】



【校長室に置いてある様々な食品や飲み物】カルピーは最高の味で有名ですね。

明日17日(金)はお弁当&1年磐農体験実習

 明日17日(金)は、給食がありませんので、お弁当持参になります。
 また、県教委のキャリア教育事業で、1年生は12時20分に本校をバスで出発し13時より
磐城農業高校
で開講式、実習体験、閉講式があります。15時45分に帰校の予定です。
実習体験では、班に分かれて「食品製造」「野菜実習」「作物実習」「緑地土木」の各実習体験があります。
勿来工業高校との交流は21日(火)と12月8日(金)になります。
2・3年生も同じ体験をして磐城農業高校や勿来工業高校を目指している生徒もいます。
1年生の皆さんもぜひ、自分の進路選択に役立てることができるように積極的に取り組んでほしいと思います。
実習の様子は、ホームページで掲載します。
 また、ヤングアメリカンズにも本校生で2名参加となっています。

全校集会の答え&校長講話で伝えたかった内容

 前回の正解を掲載しました。正解については紆余曲折があるかもしれませんが、あくまで次の講話へのステップでしたので
ご了承ください。

Q1 C(70%) Q2 D(75億) Q3 B(3億) Q4 B(3億)

Q5 B(30km)  Q6 A(20秒)  Q7 D(70%)

Q8 例「学校が近くにない」「先生がいない」「学校に通うためのお金がない」
「家計を助けなければいけない」「弟や妹の世話をしなければならない」
「親が学校に行かせてくれない」「重病にかかった」「戦争に巻き込まれた」など
 
Q9 1%  Q10 99.9%  Q11 D(100万回) Q12 隕石

 また、この後に「世界の就学率」のプリントを配布し、「勉強したくてもできない環境」について話をしました。
 そして、最後に生徒達に言いたかったこと、覚えておいてほしいことについてのまとめのプリントを配布しました。
 そのプリントに書いた内容は次の通りです。
  校長先生がみなさんに話したいことをまとめます。

 1 皆さんの命は、天文学的な確率で奇跡的であること。

 2 皆さん、一人ひとりが「超エリート」で貴重な存在なのです。

 3 あなたの周りの友達や知り合いの人とも奇跡的な出会いである。
  ですから、その出会いを大切にしてほしい。人に厳しくするのではなく、
  人に優しく接することであなたはますます成長し、自分に自信が持てる
  人間になれます

 4 世界には、「学校に行きたい!」「「勉強をいっぱいしたい!」と思っていてもその環境に恵まれない人がたくさんいます。
環境が揃っている日本に生まれてきたことに感謝し、そしてできる限りのことに精一杯取り組んでもいいのではないでしょうか。
   人生は一度きり、今あるかけがえのない貴重な命に感謝しつつ、これからも自分を高めていってください。

 来週から2学期の期末テストが行われます。文化祭を大成功に導いた生徒達です。
私の話から何か少しでも感じ取って今、できることに精一杯取り組んでくれることと期待しています。
 結果より「プロセス」を大切にするように生徒には話をしました。