お知らせ

◎いよいよ平成31年度のいわき市教育委員会研修が始まりました。時間にゆとりを持ってご参加ください。

 2019駐車場地図.pdf

 

総合教育センター事務室が、文化センター1階に移動しました。教育相談各室、チャレンジルームは、今までどおり、文化センター5階です。よろしくお願いします

 

4月・5月の研修をカレンダーにupしました。NEW

 

◎いわき市小中学校キャリア教育全体構想です。参考にしてください。 いわき市小・中学校キャリア教育全体構想

センターの研修等

総合的な学習担当研修

 4月16日(火)、総合的な学習担当研修を実施しました。今年度、体験型経済教育施設Elemでの学習を実施する、市内小学校62校、中学校38校の先生方が参加しました。

 まず「いわき市キャリア教育概論」を、総合教育センター指導主事が行いました。キャリア教育の根幹となる部分について、学習指導要領や「未来をつくるいわきの学校教育ABCプラン」に基づき整理しました。また、スチューデント・シティ(SC)やファイナンス・パーク(FP)の指導について、配布資料に沿って確認しました。

 続いて、ジュニアアチーブメント日本の佐川秀雄先生を講師として「キャリア教育の推進」について研修を進めました。SCやFPについて、動画なども交え具体的な姿をとらえることができました。また、事前指導を進める上で大切にしたいことなどもお話しいただきました。

 

 

 研修者からは、「SCからFPまでのつながりを意識して事前指導に当たりたいです」「キャリア教育の重要性を再確認できました」「選択や意思決定など、日常の学校生活でも大切にしていきたいです」等の感想が寄せられました。 

 5月から、体験型経済教育施設Elemでの学習がスタートします。本研修を生かし、総合的な学習の時間を充実させると共に、児童生徒のキャリア発達を促していただきたいと思います。

NEW 新任等常勤講師研修

4月8日に新年度がスタートしたばかりですが、4月11日に早速、新任等常勤講師研修が行われました。参加されたのは、経験2年未満の常勤講師の先生方です。今年の春に大学を卒業して講師になられた先生方も多く、研修会場は若々しさに満ちあふれていました。

初めて教師になられた先生がほとんどですので、研修では「教師としての心構え」「教職員の服務と勤務」「特別支援を要する児童生徒への対応」「生徒指導の充実に向けて」「授業の進め方(養護教諭は保健室経営のすすめ方)」について講話・講義を受け、これから小中学校で勤めていく上で大切なことを、一つ一つ確認しながら研修を進めました。

 

参加された先生方からは、「感化する力という言葉がとてもいい言葉だと思った。自分自身まだまだ成長しきれていない部分がある中で、こんな先生になりたいとイメージできたことがとても良かった」「普段、自分が気づけない部分などを、授業例や他の先生方との話し合いの中で学ぶことができた。チェックシートなどを活用し、自分に足りない部分を確認し、向上心を持って日々の授業に取り組みたい」「自分が不安に思っていた授業についてや児童・保護者との関わりについての解決策を具体的な例をまじえながらご指導していただいたのでとてもよい研修だと感じた」「生徒の健康を第一に考えて、健康診断を円滑に進められるよう、準備をしっかりと行い、適切に実施できるようにしたい」などの感想が見られました。今回の研修を生かして、自信を持って授業や学級経営に励んでいただきたいと思います。

NEW 「平成31年度 部活動指導者研修」を実施しました

 

 4月10日(水)は「部活動指導者研修」を実施しました。本研修は全国的に部活動運営の見直しが進んでいる状況を踏まえて今年度開設しました。市内小学校10校、中学校は全39校から担当者が出席しました。市教育委員会が昨年11月に発行した「いわき市立小中学校部活動運営方針」(以下「部活動運営方針」)について理解を深め、各学校の部活動運営方針に基づき、安全かつ効果的な部活動運営を行うためにはどうすればよいかを考えました。

 初めに「効果的な部活動運営」について、学校教育課指導主事が講義・協議を行い、今年度から運用する「いわき市立小中学校部活動運営方針」について細かく読み込むとともに、部活動運営の見直しが求められるようになった歴史的背景等についても触れ、受講者は同方針の趣旨の理解を深めました。

 後半は、「熱中症の防止」について、市保健所地域保健課保健技師が講義・演習を行いました。昨年の猛暑の経験から、暑い時期を迎える前に「熱中症予防」に備えるとともに、“もしも熱中症が発生した場合”の対応について研修しました。

 なお、市教育委員会では、本研修の受講内容について校長先生への復命はもとより、勤務校の先生方で共有していただくようお伝えしています。

【受講者の感想】

○ 市内各校へ一斉に同じ通知が出されているので、各校でしっかりきまりを守って実施されると良い。

○ 今まで大会の結果でよい成績を取りたい、生徒にも厳しい練習でも日々練習すれば喜びが生まれるという気持ちで取り組んできたが、本当にそれがよかったのか、考える機会になった。

○ もう一度原点に戻って「誰のための部活動なのか」みんなで考えなければならないと思う。

○ 夏休み中には、冷房等のない室内・体育館等で練習しているので、熱中症対策をしていく。

○ 他校の担当者と情報交換やより深く考える機会になり、有意義な研修会であった。

○ 教員の部活動に対する価値観を変えていく資料として、学校へ戻って伝達を必ず行っていきたい。また、保護者への説明資料としても活用していきたい。

 

学校司書研修①

小中学校の入学式が行われた4月8日、センターでは学校司書研修①を実施しました。昨年度同様、42名の学校司書が市内全ての小中学校図書館の整備や読み聞かせ、授業支援を行います。

  

全校配置になって今年度で4年目に突入するということで、読書センターとしての役割だけでなく、学習・情報センターとしての役割を果たせる図書館・学校司書となり、子どもたちの学びをサポートしていきたいと考えています。センターホームページ上でも、研修の様子や実際の授業支援の実践例などをご紹介していきますので、是非ご覧ください。

 

授業力向上講座Ⅲ~平成30年度最終回~中学英語

 11月から実施してきました当講座も今年度最終回を迎えました。

 締めくくりは、植野伸子先生(筑波大学附属中学校)による中学英語における「『主体的・対話的で深い学び』の視点からの授業改善」についての講義・演習でした。植野先生の豊富な指導経験から、必要感を持たせた現在進行形の学習指導、スピーチ活動、家庭学習、そして評価まで、ご自身の実践映像や筑波大学附属中学校英語部作成の資料等に触れながら講義していただきました。また、受講者が日頃の授業で悩んでいることなどにも丁寧に答えてくださいました。何よりも終始笑顔で、ユーモアたっぷりの植野先生のトークに、初めは固かった受講者の表情も笑顔でいっぱいになり、時間ぎりぎりまで質問が寄せられました。ぜひ受講した先生方の感想をご覧ください。

・「『主体的・対話的で深い学び』の視点からの授業改善」のテーマに合った分かりやすい講座だった。しっかりと授業を振り返る時間を取り、「自分から学ぶ」ことにつなげてきたい。

・「目的を持ったやりとり」を導入したり、スピーチ活動での聴き手を育てたりする等、具体的に学んだことを同僚と共有して進めていきたい。

・最後に「私たち教員自身が同僚と対話して深く学ぶ」というお話があった。明日からは教科に関係なく、先生方ともっとコミュニケーションをとる。

・生徒が主体的に、安心して学習に取り組める環境をまず整えたい。自分の授業を振り返り、改善できる良い機会になった。

 植野先生、ご多忙の中いわき市でご指導いただきありがとうございました。