学校からの連絡・更新情報

           1/10 「保護者の皆様へ」【いわき市教育委員会】.pdf

           お知らせページに「年間行事予定」「お弁当の日」を更新しました。→お知らせページ


【感染症対策啓発動画】

      2/28こども、保護者、教育機関向け感染拡大防止動画~こどもたちへの感染を防ぐために~(福島県)

ダルライザーから良い子のみんなへ/教育・子育てに携わるすべてのみなさんへ


【感染症を予防しましょう】

不特定多数の人との接触をできる限り控えて、こまめな手洗い、消毒、マスクの着用を徹底することで感染症を予防しましょう。また、免疫力を高めるための十分な休養、栄養バランスのよい食事も心がけましょう。

<参考>

「新しい生活様式」を踏まえた家庭での取り組みについて(文部科学省).pdf

こんなできごとがありました

日々の活動日誌

森林環境学習5回目(3年)

 今日は今年度5回目となる森林環境学習が行われました。早速3年生は環境アドバイザーの先生方と一緒に校庭に出て、一年間観察している班の木を見に行きます。いつも自然や植物のことをたくさん教えてくださる環境アドバイザーの先生、今日もありがとうございます。校庭での活動の後は、室内に移動して「木工クラフト」を行いました。材料は、環境アドバイザーの皆さんが持ってきてくださった木や木の実などです。自然の形を生かしながら、作品作りに取り組みます。自然にある材料だけで、こんなにもすてきな作品が出来上がりました。かわいらしさも、木のぬくもりも感じられますね。さて、今日も楽しい森林環境学習となりました。森林環境学習は次回が最後となります。次回は3月。春を目前にした木々にどんな変化があるのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然の面白さ不思議さに気づく1年生

 強い冬型の気圧配置のため今朝は路面の凍結が心配されました。でも、1年生にとっては絶好の学習のチャンス!前々日から色水をカップに入れて校舎裏に置いておきました。

 

 

 

 

 

 

  

 今朝、登校して自分たちのカップを見てみると・・・。教室ではうれしそうな表情がたくさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 自然と生活科の学習が始まっていきます。先生の質問に答える子どもたち。言葉だけじゃなく身振り手振りで自分の考えを伝えようとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

  

 先生がみんなの答えを書いていきます。すると、氷が溶け始めていることに気づく子たち。手がぬるぬるしてきたぁ。水が出てきたぁ。慌ててティッシュで水を拭き取る子たち。ピンチ!そうした現象も含めて、○○だからかもしれない!とさらに考えが出されていきます。

 学習プリントに、今みんなで考えたことを絵や言葉でまとめていきます。みんなすらすら書けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  

 自然の現象を利用して、水を凍らせ、その体積が増えることも発見した1年生でした。自分のカップの中の氷を取り出してみたり触ったりして感じた形や色、光や音などは自然現象が子どもたちに与えてくれた不思議さそのものでした。

読み聞かせ(2年)

 図書ボランティアのみなさんが2年生に読み聞かせをしてくださいました。いろいろな内容の本を選んでいただき、お話の次の展開を想像したりじっくり聞き入ったりと楽しんで聞くことができました。また読んでいただいた本が図書室に新しく入っていることを知り、はやく借りて読みたいという気持ちも高まりました。

 

 

体つくり運動(4年)

 4年生が長なわ跳びの練習をしていました。「ハイ!ハイ!・・・」と声を出し合い、連続回旋跳びをしていきます。時間を決めて跳べた回数を確かめると・・・。そこで話し合い。どこをどう改善しなくてはならないのか。子どもたちから、どんどん意見が出されます。「“ハイ!ハイ!”の声の出し方もズレないようにする!」「片足で跳ぶ。」など。意見が出そろったところで、先生から「みんなの目標の回数は何回にしたらよいだろう。」と投げかけが。仲間とともに、その目標を達成していく楽しみを味わってほしいと思いました。

 

 

 

 

家庭科(6年)

 6年生家庭科「冬を明るく暖かく」の学習です。暖かい着方や住まい方を考えていました。”湯たんぽ” ”はんてん”など、現代っ子には見たことのないものも教科書に紹介されています。それでもたくさんの住まいの工夫を見つけ出し発表していました。来週は、この地区も寒波に覆われると報道されています。自分で暖かい着方を考えて実践できるといいですね。