川前小・中学校にようこそ!

 川前小・中学校は、いわき市北西の山間部にあり、多くの滝や渕が変化に富んだ美しい景観をつくる『夏井川渓谷県立自然公園』の上流に位置しています。
 平成31年4月現在、小学生1名と中学生3名の全校児童生徒4名が在籍する小・中併設の公立学校であり、小規模校の利点を生かし、きめ細やかな小中一貫の教育を目指しています。
 

日誌

 『心豊かに』 ~共に語り合い、共に学び合い、共に成長する学校~

職業講話~あなたの“好きなこと”は何ですか~

9月11日(水)
キャリア教育の一環として、中学生を対象とした『職業講話』がありました。

FMいわきでパーソナリティをしていらっしゃる、飛田国洋様をお招きし、
「あなたの“好きなこと”は何ですか」
というテーマで講義いただきました。

「私たちが社会の中で生きていくことは、全て『共同作業』と『想像』が不可欠です。」
そう言うと、飛田さんはA4の紙を配りました。

 

紙を3つに区切り、
1番上には、自分の好きなこと。
2番目には、自分の就きたい職業を、
そして、
3番目には、最終的に「この仕事に就くんだろうな・・・」という職業を書いてみましょう。

黙々と書く子どもたち。
そして、先生方や参加された地域の皆様は昔を思い出しながら・・・。

 

「今書いた、1・2・3番が関連するような仕事に就けたらとても幸せなことでしょう。」

飛田さんの生い立ちや、事例をふまえ、自分の「好きなこと」を原動力に、「夢」を「志し」に変えて将来へ向かっていく大切さを、熱く、面白く、子どもたちに伝えてくださいました。

『「これだ!」と思える何かを見つけるために、たくさん外に出て、色々な経験をしてください!』

 人とのふれあいが少ない川前の子どもたちにとって、飛田さんのお話は大きな刺激となったことでしょう。

あっという間の1時間でした。

飛田さん、本当にお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

0

土曜授業・奉仕作業

9月7日(土)
奉仕作業と土曜授業がありました。

早朝7時より、廃棄する書籍や

物置と化していた旧中学校の校長室を中心に片付けを行い、

学校全体がスッキリきれいになりました。


旧校長室は今後、教育相談室として使用できそうです。
ご協力いただきました保護者の皆さま、本当にありがとうございました。

 

その後、体育館へ移動し、保護者の皆さまも交えて『救急救命教室』を行いました。

AEDの使い方などを人形を使い実践を交えながら学んでいました。
この日学んだことを生かして、いざというときに素早く動けるようにしたいものです。

 

分遣所の皆様、保護者の皆様、本当にありがとうございました。

 

0

規則正しい生活を!

9月6日(金)
栄養教諭訪問がありました。
桶売小の山口先生にお越しいただき、「規則正しい生活」についてお話をいただきました。

不規則な生活は、集中力を欠いたり、体調を崩したりと、心身共に悪い影響を与えてしまいます。
規則正しい生活をするため、休みの日でも学校の日と同じ時間に起きて、同じ時間に食事を摂ることが大切だと教えていただきました。

生活リズムを整えて、心も体も健康に過ごしましょう。

0

ぶどう栽培学習~収穫~

9月5日(木)

ぶどうの里からは賑やかな子どもたちの声が聞こえてきました。

「ぶどう栽培学習」の山場となる“収穫”は、桶売小・小白井小の皆さんも一緒に参加しました。
川前中生も加わり、総勢20名以上で交流を深めました。

 

いざハウスの中へ入ってみると・・・ぶどうの甘い香りに包まれました。

“葡萄の里”の植野さんのお話によると、
今年は天候不順のため、ぶどうの出来はあまり良くないようです。
特に、栽培学習の対象となる「ふじみのり」という品種は雨に弱いので、今年は不作とのことでした。

 

川前小中の子どもたちは、「これまでより実りが少ないなぁ・・・。」と少し残念そうな様子でしたが、桶売・小白井小のみなさんは、自分の絵が描かれた袋の中から表れた紫色の粒に、満面の笑みを見せていました。

作物を育てることの難しさと、収穫の喜びを感じることができました。

 

最後に感想を発表し合い、交流学習を締めくくりました。
収穫したぶどうはおいしく食べて、川前の地域の良さを感じてくださいね。

植野さん、今回もありがとうございました。

0

秋の遠足~四倉・久之浜方面~

9月4日(水)
待ちに待った『秋の遠足』の日がやってきました。

 

本来は9月3日に予定されていたのですが、あいにくの雨で延期に。
子どもたちは「4日こそ晴れて!!」と“天気の子”のように空に向かってお祈りをしていました。
その思いが届いたのか、当日は晴れ間が見え、遠足日和になりました。

 

行き先は、『四倉・久之浜方面』です。
まず、四倉海岸に到着した子どもたちは、磯の香りを感じながら、目の前に広がる海に目を輝かせていました。

「うみだ~~!!」


ここでは「砂の造形」に取り組みました。
事前の話し合いで決めておいた“サメ”づくりにチャレンジです。

バケツにたくさん砂を詰めて、土台をつくり形を整えていきます。


中でも苦労した作業は、サメの口を開ける行程でした。


大きな口を開けようとすると、砂は簡単に崩れてしまいます。

先生方の手助けもあり、スコップを支柱にしたり、貝殻を歯に見立てたりして、口を大きく開けたサメが立派にできあがりました。

一時間で作ったとは思えない、この大きさと迫力!

子どもたちは大満足の様子でした。

 

次に、『いわき市海竜の里』へ移動して昼食です。


食堂のカレーに舌鼓を打ちました。
おなかがいっぱいになった後は、海竜の里のアスレチックで元気いっぱい体を動かしました。


午後は、『いわき市アンモナイトセンター』へ。
研修室でお話を聞いた後、館内を見学しました。


「今皆さんがいるこの施設は標高100メートルくらいありますが、昔は海だったんですよ!」
「だからアンモナイトの化石がいっぱい見つかるんだね。」

 

お話を聞いた後は、お待ちかねの「化石発掘体験」へ。
ヘルメット・ゴーグル、タガネにハンマーと装備はバッチリ!


「アンモナイトを掘るぞ~~!」


「おー!」

 

化石がありそうな岩盤にタガネを打ち付けて発掘作業をおこなっていきます。
堅い岩盤に手こずりながらも、二枚貝の化石や、木の化石などを発掘することができました。

「アンモナイトは出なかったけど、とても楽しかった!」
「リベンジしにもう一度来たいです。」
「化石を掘りながら歴史を感じることができました。」
と、充実した顔で感想を語っていました。


帰りのバスの中は疲れてぐっすり・・・。
普段できない様々な体験をして、新しい発見や驚きがあった一日でした。

0

校内授業研究~英語~

8月30日(金)校内授業研究が行われました。

中学3年生の英語、単元は「さそい」です。
生徒は、好きな芸能人を誘う英文を一生懸命作っていました。

 

今年度は、深い学びを創出する個に応じた指導の工夫について、研究を行っています。
今回は小白井中の菊田教頭先生を講師としてお招きし、指導助言をいただきました。
また、職員全員で協議をし、研修を深めることができました。

 

個に応じた授業、そして深い学びのある授業の実現に向け、研究を一歩前に進めることができました。

 

菊田教頭先生、お忙しい中ありがとうございました。

0

2学期のスタートです!

8月26日(月)、2学期が始まりました!
子どもたちは元気に登校しました。
こんがりと焼けた肌からは、夏休みを満喫した様子がうかがえました。


始業式では、
校長先生から「感謝の心を大事にして諸活動に取り組んでください。」とお話がありました。


2学期は、たくさんの行事がありますが、
多くの方によって支えられていることに感謝し、2学期を過ごしてほしいものです。

 

代表生徒は、2学期の抱負を発表しました。


「後輩から頼られる理想の先輩になれるよう、頑張ります!」


始業式後の愛校清掃では、再びお世話になる教室をきれいにし、気持ちの良い汗をかきました。

 

3時間目からは通常授業。
夏休みモードから学校モードにしっかりと切り替えて、授業に臨んでいました。

実りある2学期にしていきましょう!!

0

川前納涼屋台~あんどんお披露目~

7月26日(金)27日(土)に川前駅前納涼屋台が開催されました。

駅前には、地域の方々が運営する屋台、そして川前・桶売・小白井小中学校の児童生徒たちの力作である“あんどん”が設置され、次々に来るお客さんたちを惹きつけていました。

 

時刻は点灯にはまだ早い17時頃。
太陽の光が透けたあんどんはとてもきれいで、明るい時間帯でも十分楽しむことができました。


各校の工夫がちりばめられた作品は、川前の魅力を伝える小さな美術展のようでした。


あんどんを楽しんだ後は、おいしそうな匂いを漂わせる屋台へお邪魔しました。

早速料理を注文。

名物「きじコロッケ」、新メニュー「小白井キュウリ入りぎょうざ」。

「そば粉のアメリカンドッグ」、「からあげ」、「凍みもちドーナツ」。

川前の美味しい魅力が詰まっていました。

 

18時ごろになると、磐越東線の到着とともに,多くのお客様が下車されて、屋台村は一層盛り上がりを見せました。

 

19時過ぎ、あんどんが点灯されると雰囲気は一変。

幻想的な光があたりを包みました。

 

この納涼屋台は、8月9日(金)から11日(日)にも開催されます。
川前町の魅力は自然の美しさだけではありません。ぜひ、夏の川前町の魅力を堪能してください! 

※ 虫除け対策をして,ご来場されることをお勧めします。

0

暑中お見舞い申し上げます!

不安定な天候が続いていますが、本日はぎらぎらとした太陽が照りつけ、気温がぐんぐん上がっています。

7月26日、川前でも31℃を観測しました。


川前に住む一人暮らしのお年寄りの皆さんの手元に、そろそろ「ふれあい郵便」が届いた頃でしょうか。

本年度も児童生徒会の活動の一環として、暑中お見舞いを出しました。

「受け取った方が嬉しくなるような、夏らしい絵を描く」ことを目標に、計画的に活動に取り組みました。
構想、アイディアスケッチ、彩色にたっぷり時間をかけ、迫力のあるハガキが仕上がりました。


宛名も心を込めて手書きしました。

 

完成したハガキがこちらです!

「早く皆さんに届けたいね!」という思いと裏腹に、気温が上がらず、ポストに投函するタイミングを失っていましたが、やっと夏らしい陽気になってきたこともあり、お披露目することができました。
ハガキに書いた言葉どおり、熱中症や夏バテに気をつけて、夏をお過ごしください。

こちらは地域の方からいただいたスイカ。

まさに、“地域と共にある学校”です。

0

夏休み、満喫中!

夏休みが始まりましたが、朝から子どもたちの「おはようございます!」の元気な声が聞こえてきています。

中学1年生2名はパソコン部として活動中です。

「統計グラフコンクール」出品に向けて、課題の設定と、調べ学習を行っています。


どんな作品ができあがるのか・・・とても楽しみです。


中学3年生は受験に向けて「学習会」に参加しています。
涼しい午前中の2時間、みっちり勉強です。


先生と生徒の1対1の環境を利用し、分からないところはすぐ聞けるので宿題もはかどっているようです。

学習会の後は、先生方と一緒にバトミントンをして体を動かしています。


部活引退後の運動不足解消を目標としていますが、相手をしている先生方の方がヘトヘトに・・・。

頭も体もフルに使って、スッキリとした笑顔に、「午後の時間の使い方もしっかりね~~!」と声を掛けています。

 

 

さて!

7月26日(金)・27日(土)、

8月9日(金)・10日(土)・11日(日)の5日間、「納涼屋台 in 川前駅前」が開催されます。


川前小中学校も昨年度に引き続き、このプロジェクトに参加することになりました。

 

このプロジェクトが立ち上がったのは4月上旬。
支所の皆さんと、川前地区の先生方が集まり、構想を練る会議を開きました。

会議の結果、今年度はイルミネーションに変わり、「あんどん」を制作することになりました。

 

6月上旬。
支所の方から小中学生に直々に説明がありました。


「あんどんの4つの面に“川前の良さ”を表現してください。」


早速、子どもたちも会議を開き、何を描いたら良いか意見を交わしました。


「川前の良さって何だろう・・・。」
「自然が豊かなこと?」
「食べ物がおいしいことかな。」
「色々な動物や虫もいるよね。」

 

様々な意見が飛び交った結果、春夏秋冬を4人で分担し、それぞれの季節の「虫」「花」「動物」「食べ物」を表現することになりました。

小学生は図工の時間、中学生は美術の時間を使って、試行錯誤しながら一生懸命製作しました。

 

製作期間約1ヶ月!

これができあがった作品です!

手前から、
「春」「夏」「秋」「冬」の虫を表現しています。

光源を中に入れたとき、光がきれいに透けるように薄い紙を貼り付けて作りました。
どんな風に光るのかとても気になるところ・・・!!

是非、当日川前駅前の屋台村で、子どもたちの作品をご覧ください!

 

 

また、1学期の子どもたちの様子について、少しずつHPを更新しています。

日付をさかのぼってご覧いただければと思います。

0
CONTACT

〒979-3201
福島県いわき市
 川前町川前字中ノ萱25-1

川前小学校
TEL 0246-84-2211
FAX 0246-84-2260 
kawamae-e@city.iwaki.lg.jp

川前中学校
TEL 0246-84-2224
FAX 0246-84-2229

kawamae-jh@city.iwaki.lg.jp