ようこそ!

 湯本第三中学校は、湯本川のほとり、木々や花々に囲まれた美しく静かな場所にあります。

 令和4年度、湯本第三中学校では、3つの教育目標

  〇主体的に学び、自ら目標を見つける生徒

  〇思いやりの心を持ち、人間性豊かな生徒

  〇心身ともに健康で、たくましい生徒           の育成を目指し、

 教職員18名、1年生27名、2年生33名、3年生31名、全校生徒91名が力を合わせて活動します。

 令和4年度学校運営ビジョン はこちらからご覧ください。→ 学校運営ビジョン

 令和4年度年間行事予定 はこちらからご覧ください。→ 年間行事予定

 

こんなことがありました。

湯本三中日記

12月1日 2年生IIC発表

今日は、災害時に役立つ商品のプレゼンテーションの日でした。

ジュニア・アチーブメント日本、社会人コメンテーターやお世話になってきた大学生、支援企業の方に対して、オンラインで説明をしました。

1班「蛇型ロボット」(会社名は、NA・KYA・NYO)

2班「GPS付ライフジャケット」(定価14,980円に設定)

3班「H.P.チェア」(短期的目標 半年でいわき市において7,500台販売)

4班「盲導犬ロボット maron」(開発費は、国の厚生労働省の支援金も利用)

5班「冠水時でも問題なく走行できる車両」(コメンテーターの難しい質問の回答をするため相談中)

11月29日 新入生体験入学

来年度入学予定の2つの小学校の6年生が、体験入学を行いました。

まずは、各学年の授業風景を見学しました。

1年生は、英語で、「Whose」を習っています。

2年生は、理科で、気圧が下がると風船はどうなるかを考えています。

3年生は、国語で、古文の重要用語を習っています。

授業見学の後は、数学と英語の授業体験をしました。

数学では正負の数の問題を解いたり、英語では自分の気持ちを英語で話したりしていました。

最後に部活動見学を行いました。

11月25日 研究授業(1年生)

1年生の学級活動で、研究授業を行いました。

課題は、「10年後、職業はどうなっているか」です。

将来の社会状況を予測しながら、将来の自分について考えさせました。

タブレットの操作も、普段から使用しているため手慣れていました。