こんなことがありました

大暑 二十四節気

 子ども達がいない学校職員室前の掲示板が、「大暑」に変化しています。子ども達がいなくても、季節の変化を知らせてくれる掲示です。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
 
 大暑(たいしょ)は、二十四節気の第12。(中略)快晴が続き、気温が上がり続けるころ。

 夏の土用が大暑の数日前から始まり、大暑の間じゅう続く。土用の丑の日には鰻を食べる習慣もある。小暑と大暑の一か月間が暑中で、暑中見舞いはこの期間内に送る。立秋以降は残暑見舞いになる。