お知らせ

  白水小学校閉校式のご案内

 明治31年に炭鉱で働く人々のお子さんのための私塾「智徳学館」として設立されて以来120年。いわき市立白水小学校は多くの卒業生を輩出して参りました。しかし、炭鉱閉山依頼、児童数の減少は歯止めが効かず、平成31年3月31日をもって閉校することとなりました。

 つきましては、下記の日程で「白水小学校閉校式」を行います。より多くの方々にご出席をいただき、白水小学校を記憶に留めていただければ幸いです。

                     

1 日 時   平成31年3月23日(土) 10:30~11:30

         受付は9:30から体育館入口で行います。

2 場 所   いわき市立白水小学校 体育館

        いわき市内郷白水町川平76-12

3 来校にあたって

  (1)自家用車をご利用の場合

    本校校庭は来賓の方々の駐車場となります。

    一般の方々は内町小学校の校庭へ駐車してください。

    内町小学校からは無料のシャトルバスをご利用ください。

     シャトルバス運行予定時刻 9:20 9:35 9:50 10:05

    お帰りの際にもシャトルバスをご利用できます。

  (2)路線バスご利用の場合

    いわき駅9:30発(内郷駅9:42発)川平行のバスに乗り、終点「川平」でお降りください。

    川平バス停から無料シャトルバスをご利用ください。

4 閉校記念誌について

  当日、ご参加いただいた方には、本校の歩みをまとめた閉校記念誌をお渡しいたします。

 

 閉校式について、ご不明の点がございましたら、学校(TEL:0246-26-2863)までお問い合わせください。

 

こんなことがありました

出来事

NEW 白熱した『ビブリオバトル』

 2月7日の昼休み、第1回ビブリオバトル大会を実施しました。

 今、話題となっているビブリオバトルを子ども達に体験させたいというのがねらいで、今回の第1回目は教職員が本の紹介をして子ども達が投票する形で実施しました。次回は子ども達が本を紹介し、教職員が投票する形で行います。

 担任はもちろん、校長、教頭、養護教諭、司書まで5名が1冊の本を3分以内で紹介します。先生方は思いの外、準備周到で、みなさん、しっかりと原稿を準備し、3分間でまとめられるようにしておいていただきました。

 子ども達に話しかけるようにして紹介する先生。子ども達の日常生活から話し始める先生。本の一部を紹介する先生。様々な方法を駆使して、本のおもしろさを伝えていきました。

 

 

 

 投票の結果、校長先生が紹介した「ぐっとくるマンガのせりふ」という本が1位となりました。

NEW 全校道徳 悩んで、迷って、考えて・・・

 立春の今日、本当に春のような暖かさになりました。

 休み時間になわとびの練習に取り組んできた子どもたちは、半そでの運動着になっていました。

 さて、今日の3校時、本校独自の教育活動「全校道徳」を実施しました。昨年度から始めているこの「全校道徳」。実は、子どもたちもすごく楽しみにしている学習でもあります。道徳の学習の中で迷って、考えて、決断して、議論して自分とは違う立場の考えに触れる、こうした学習そのものに「楽しさ」を感じているのかも知れません。実際には、決断できなくて苦しい場面がほとんどなのですが・・・

 今日は、「NHK forスクール ココロ部」の中から「こまったプレゼント」というビデオ教材を使って話し合いを進めました。

「長年の夢だったケーキ屋さんをオープンする時に、友人が『天狗のお面を飾ると店が長く続く』という言い伝えから手作りの天狗のお面を持ってきて、店に飾って欲しいと言ってくる。」というような内容です。

・店の雰囲気が崩れて、お客さんが来なくなる。飾らない方がいい。

・友達の気持ちを受け入れて、何とか生かすことを考えた方がいい。逆にインスタ映えとかで客が増えるかも知れない。

・天狗のお面があってもなくても、おいしいケーキを作れば店は繁盛するはず。だったら、友達の気持ちを受け入れて飾った方がいい。

 いろいろな意見が出されると、本当に難しい問題だなあと感じました。3人の子ども達も一生懸命に考え、議論に参加していました。

 

NEW 鬼はー外!! 福はー内!!

 1月が行ってしまい、2月となりました。2月3日は節分、暦の関係で一足早く今日、豆まきをしました。

 6年生2名は卒業まであと2か月。そして、歴史ある白水小学校の閉校まであと2か月。豆まきを通して、個々が自分の生活を見直し、改善すべきことを鬼のせいにして追い出そうと、元気よく声を出して大量の豆をまきました。(後からお掃除がたいへんでした。)

 

 昨日、福島中央テレビ「ゴジテレchu!」で、本校が閉校となることが放映されました。

 白水小学校の閉校が、他方の過疎化の象徴的なものとして放送されていました。児童数の減少に歯止めが効かない中、本校のように閉校となる学校が今後も増えてくるかと思います。

 地域の核としての存在意義も大きい学校が無くなるということを目前に控え、今、学校として何ができるのか、何をすべきなのかを考え、できることを実践していくしかありません。

 学校便り UPしました・・・H31 2月1日.pdf

NEW 学校給食週間 お箸で豆つかみ大会

 巷ではインフルエンザが流行しているようですが、本校児童は今日も元気いっぱいです。

 連続無欠席は今日で76日目となりました。

 さて、今週は「学校給食週間」。食について見直す機会にしようと、養護教諭が「お箸で豆つかみ大会」を開催してくれました。

 つるつるとすべる大豆を箸でつかむのはなかなかたいへん。子ども達は悪戦苦闘。でもさすがに先生方は上手に次々と豆をつかんでいきました。「先生、すごい。」子ども達に認められて、先生方も楽しく参加することができました。

 

 

 今日使った大豆は、この後、節分で鬼退治に撒きたいと思っています。

NEW 箱﨑さんの読み聞かせ

 今日は、子ども達が楽しみにしている読み聞かせの日です。

 近隣にお住いの箱﨑さんがご夫婦で来てくださって、子ども達に読み聞かせをしてくださいました。

「かっぱのすりばち」という人間とカッパの交流を描いたちょっと悲しいお話。その後白水町に伝わる民話「柳沼の大蛇」といわき共立病院近くの「笑う堂」というお堂のお話を聞かせていただきました。

 自分たちが住んでいる場所の近くにも、いろいろな伝説(?)があるものだと感心して聞かせていただきました。

 ありがとうございました。

 

NEW 外国語活動・・・聞くこと・話すこと

 今日はALTのカイリーン先生が来て外国語活動の授業をしていただいています。

 子どもたちの学習の様子を参観していると、聞いて話すということがいかに大切なことか分かります。

 数十年前の中学校の英語は読むことから始まりました。初めて出会う英文を読まなければいけないので、ついついカタカナで読み仮名をつけてしまっていたことを思い出しました。

 今、子どもたちはALTが話すネイティブな発音を聞き、そのまま真似て話しています。

 「animal(動物)」は、私たちは「アニマル」でしたが、今の子どもたちはカタカナで表すとすれば「アナモー」に聞こえます。

 

NEW 朝茶は福を増す・・・本校の風邪予防対策

 冬晴れの日が続き、低温・乾燥によってかぜやインフルエンザになりやすい季節です。

 本校では、登校後になわとび練習をした子どもたちは校長室に集まって読書をすることになっています。運動をして呼吸が激しくなった子どもたちののどは、感想した空気をたくさん吸い込んでいます。そこで、冬場はこの読書の前に、一杯のお茶を飲んでいます。お茶でのどを潤し、カテキンで風邪のばい菌を退治しようと考えたわけです。

 お茶は緑茶の粉茶で、セルフサービスで入れています。校長室でお茶を飲むなんていう体験は、おそらく他校ではないことでしょう。

 8時になると、先生方も校長室で子どもたちといっしょに読書を始めます。朝の校長室は、子どもたちのお茶をすする音と、本のページをめくる音だけが聞こえる静かな空間になっています。

 

 

NEW 体育専門アドバイザー柴崎先生と走高跳び

 低温・乾燥した天候が続き、市内でもインフルエンザ罹患者が増えてきています。

 本校は、現在、3名ともに元気いっぱい。連続無欠席記録も67日目となりました。

 今日は、体育専門アドバイザーの柴崎先生に来ていただき、走高跳びについて指導をいただきました。

 踏み切り方や足の上げ方などにご指導をいただき、どんどん飛び越えることができるようになってきています。

NEW 山野先生の書き初め教室

 3学期が始まって3日目。今日は学校の近くにお住いの山野先生に来ていただき、書き初め教室を実施しました。

 3人の子どもたちに対して、山野先生、担任の先生、複式補正の先生と先生の数も3人。ほぼマンツーマンに近い状況、時には、子ども一人に先生が二人という場面もあったりと、贅沢な環境の中、子どもたちは集中して書き初めの作品作りに取り組みました。

 

お知らせ・・・本日、福島中央テレビ「ゴジテレchu!」で放送を予定していた白水小学校の放送は、延期になりました。放送日が分かりましたらお知らせいたします。

NEW 第3学期始業式

 今日から3学期が始まりました。欠席者もなく元気に登校し、3学期始業式を行いました。

 始業式では「節目」について話をしました。今年は平成から新しい元号に変わる節目の年。そして、白水小学校が閉校となり新しい学校に巣立っていく節目の年になります。

 竹にある節目は竹を強くしなやかにする働きがあります。自分を強くしなやかにする節目を作って新しい環境の中で大きく伸びることができるようにしていこうということを子どもたちに伝えました。

 3人の子どもたちはそれぞれ自分のめあてを発表しました。

 

 

学校便り 1月号 UPしました・・・H31 1月8日.pdf