動画

勿来二動画配信

動画がありません。
こんなことがありました。

今日のできごと

SCによる心の授業

本日、SC(スクールカウンセラー)による心の授業を、2年生で行いました。

 

今日のお話の内容は、1.コミュニケーション、2.学習 についてでした。

お話の概要は、

1 コミュニケーションとは、やりとりのこと。相手に返すことばに、正解はない。お世辞もありだが、いつも言っていると信頼をなくす。事実を伝えることもありだが、相手が傷ついてしまうことも。相手を気遣う言葉が出せるといい。

2 学習には、studyとlearnがある。learnはラテン語で、語源は「くり返す」ということ。「分からない」「できない」は恥ずかしいことではない。チャンスである。くり返してやろう。やる気スイッチはない。しかし、方法はある。「ダメ」「後で」「できない」と思ったら脳はストップしてしまう。①「まずはやる!」 ②「やったらご褒美を与える」こともあり。 脳は取り出すことができない。手や目、口、足などを使って脳に伝える。勉強は、インプットだけでなくアウトプットも大事である。勉強の結果は後でついてくる。だからがんばろう。

 いつもの先生の話ではなく、カウンセラーの先生の心理学の立場からのお話は、とてもためになりました。以前、CMで「やる気スイッチ」という言葉を聞いたことがありますが、スイッチはどこにもないのですね。まずはやることなんですね。動き出せば、次に自然と進んでいきますもんね。

3年生はテスト。ファイト!

期末テストも終わりましたが、3年生は気を緩めている暇はありません。今日は学力テストの日です。

進路決定のための大事な資料となるテストでもあります。

良い結果が出せることを願っています。ファイト!

 

1年生は、国語で古典の授業を行っていました。

 

みんな積極的に発表するなど、意欲的に授業に取り組んでいました。

寒さに負けず、生徒は元気

12月に入り、急に寒くなりました。

外では、体育の授業でソフトボールを行っていました。

大人には凍えるような寒さに感じますが、生徒たちは元気に活動していました。

寒い朝、心を落ち着けてスタート

今日から師走、寒い朝となりました。

 朝の活動は、いつも「セルフコントロール」から始まります。目を閉じ、姿勢を整え、ゆっくりと呼吸し、心と体を整えます。

今日も1日、がんばっていきましょう!

心の安定を図ることは大事なこと

 本日、子どもたちの心の回復力や生活の中での対処能力を向上させ、心の安定を図るための「心の授業」を、ふくしま子ども心のケアセンターから講師をお招きし、学年ごとに行いました。

3校時 3年 「考えの幅を広げる」

 

 

 考え方は人それぞれ、考えのクセを知ることで楽になる、考え方を変えるといったことを学びました。これから生活していく中で生かしていってほしいです。

 

4校時 2年 「感情のコントロールとアサーション」

 

 

  怒りの感じ方はみな違うこと、気持ちを表現する方法、アサーティブ(ちょうどよい言い方)な気持ちの伝え方などを学びました。これから役に立ちそうです。

 

5校時 1年 「自己肯定感を高める」

 

 ストレスはだれでも持つもの、自分のいいところに目を向けること、そして、ストレスに対してどう気持ちを切り替えたらよいのかなどを学びました。これをもとに、ストレスとのうまいつきあい方を身につけていってほしいです。

ようこそ! 

【校舎・体育館】 


【勿来二中から見た地域】

【勿来海水浴場】

【勿来の関 源頼家 像】