ようこそ! 

平三中の取組や学校の様子等を紹介します。平三中のホームページをどうぞお楽しみください。
 

こんなことがありました。

出来事

福島県愛鳥週間ポスターコンクールで福島県教育委員会教育長賞!

 令和2年度愛鳥週間ポスターコンクールにおいて、本校3年生の 綿引奈々華さん 福島県教育委員会教育長賞に輝きました。おめでとうございます。

 本日は、福島県教育庁いわき教育事務所長様にご来校いただき、校長室で表彰式を行いました。綿引さんの作品は、全国コンクールに出品されるということです。今後さらに、ビッグニュースが飛び込んでくるかもしれませんね。

【綿引さんの作品】*美術部顧問撮影

 

12月は「寄付月間」です~1年生チームの取り組み~

 今日から12月。1年のまとめの時期となりました。街はすっかりクリスマスの雰囲気でいっぱいですが、12月は「寄付月間」 でもあることをご存じですか。これは「寄付でみんなの幸せを生み出す社会を作ろう」という全国的なキャンペーンで、行政や企業、学校などで様々な取り組みが行われています

 

 そういった中、コロナ禍でたいへんな思いをしている「NPO法人多摩草むらの会」さんを応援している1年生チームがアクションを起こしました! ウェブで応援動画が公開されているのはホームページでも紹介しましたが、さらに手作りのポスターを作成して1年生の各クラスで呼びかけを行ったのです。この日はみんなから寄せられた善意の募金の集計を行いました。ひとりひとりから寄せられた募金の合計額は19,485円震災や台風被害の時に多くの方々から支えていただいたぶん、自分たちもできることをしたい…そのような気持ちが寄せられた募金を前に、生徒たちは感謝の気持ちでいっぱいでした

 さらにお昼の放送では、寄付月間の説明や募金の御礼、さらには全校生徒への募金のお願いをしました。生徒会の活動でも先生に言われたことでもなく、自分たちが目標実現に向けてやるべきことを考えて行動に移す姿は、本当に頼もしく素晴らしいものです。ぜひ生徒たちの活動へのご支援をよろしくお願いします!

応援動画視聴や寄付については右のQRコードからご覧いただけます。

 

 

 

 

 

生徒が制作したポスターはこちらです。

放送朝会から1週間のスタート

 放送朝会から1週間のスタートです。

 今日で11月が終わり、明日から師走となります。2学期の期末テストは終了していますが、今週は「落ち着いた生活をして真剣に学習しよう」という目標になっています。やるべきことを明確にして、一日一日を大切に過ごしたいですね。

【生徒週番長・週番教師からの話】

 今週の講話は2学年が当番です。「ありがとう」という感謝の言葉を、口に出して伝えることの大切さを話しました。「ありがとう」の数だけ人生は豊かになります!と。家族、友だちなど、身近な人に自然に「ありがとう」といえるのは素敵ですね。

明日の「シルミルいわき」で平三中の活動が報告されます(3)

 「エネルギーを通して いわきのこれまでの10年とこれからの10年を考える」活動をキャリア教育の一環として実施している平三中の2年生。その様子が 明日放映されるいわき市の広報番組「シルミルいわき」で取り上げられます。そこでその内容をホームページで紹介していますが、今回はいったい一連の活動を通してどのような力が身についたのかをご紹介します。

 「表現力」の向上や「コミュニケーション能力」高まり。もちろんこれは今回の活動の目的のひとつです。しかし活動を重ねるうちに、それ以外の力がどんどん身についていくのを感じました。それは「聞く力」です。よく論破するといった言葉を聞きますが、そもそも相手との話は勝ち負けではありません。自分たちの意見を一方的に述べるだけでは、自分たちの思いは伝わらないし、夢をカタチにすることはできないと生徒たちはこの活動を通して学んだのです。

 「聞くこと」は決して受け身の活動ではありません。プレゼンテーション終了後に講師の方々との内容の濃い話し合いを通して自分たちのプランを再考したり、時にはダメ出しをされて悩みに悩んだ生徒たち。相手との話し合いを通して共通のゴールを見出し、そのために自分たちは何をすべきかを考える姿勢が身についたようです。そこには勝ちも負けもありません。まさに「協働」という概念のみが存在しました。この活動の後にラジオで自分たちの考えや経験を話す機会がありましたが、生徒たちの発言は独りよがりなものではなく、どのようにしたら思い描いた未来を実現できるかという視点がありました。また、薬物乱用防止教室や人権教育講座など講師の先生方の話を聞く場面もありましたが、しっかりとメモを取り、内容をまとめて自分の考えを確立していく過程も目の当たりにしました。明日の放映はたったの5分間ですが、きっと生徒たちの成長の様子を感じていただけると思います。

放映日時:11月29日(日)11時24分~11時30分

     「シルミルいわき」 テレビユー福島(TUF)にて放映 あと1日

 

11月の「シルミルいわき」で平三中の活動が報告されます(2)

 キャリア教育の一環として、「エネルギーを通して考える いわきのこれまでの10年とこれからの10年」という活動に取り組んでいる平三中の2年生。11月に放映されるいわき市の広報番組「シルミルいわき」でその様子が取り上げられますが、その活動の内容を改めてご紹介したいと思います。

 コロナ禍の中で例年2年生が行うファイナンスパーク活動も中止となった今年、社会との関わりについてどのように進めるかは大きな課題でした。中学校生活も2年目を迎え、1年後に迫った進路実現に向けて「自分に何ができるのか」「自分は何がやりたいのか」そして「自分とはいったい何か」…14歳の時期にやるべきこと、やっておきたいことはたくさんあります

 そんな時、心強いサポーターが現れました。救いの手を差しのべてくださったのは、これまでボランティア活動などでご一緒させていただいた地域の方々した。それまでも学校と社会が連携して学べる大切さを教えてくれたみなさんが、コロナの影響で様々な活動が制限される中だからこそ、自分のキャリアについて考える機会を持ってほしいという思いでこのような場を提案してくださったのです。

 当日の様子は、TUF(テレビユー福島)の番組「シルミルいわき」で放映されます。どうぞお楽しみに。

放映日時:11月29日(日)11時24分~11時30分 あと2日

11月の「シルミルいわき」で平三中の活動が紹介されます!

 いわき市内における旬な話題や、共創のまちづくりに関する取り組みなどを紹介するテレビ番組「シルミルいわき」。毎月最終日曜日の11時24分~11時30分にテレビユー福島(TUF)で放映されているいわき市の広報番組ですが、11月のオンエアで平第三中学校のキャリア教育の取り組みが紹介されます!

 そこで、当日までのカウントダウンとして、その番組内容について毎日少しずつご紹介したいと思います。1日目の今日はメインとなる「東京大学出前講座パート2」についてです。9月17日(木)にラトブ6階のいわき産業創造館で実施された活動ですが、東京大学の教授などを前に2年生が堂々と発表を行いました。

 

※ついこの前のように思えるほど鮮烈な印象を残した行事でしたが、実施されたのは2か月以上も前のこと。まだまだ残暑が厳しい時期でしたね!

 

 この行事は、規模や内容、予算のいずれにおいても、学校単独では到底実現不可能なものでした。FMいわきのみなさん、東京大学の教授陣、いわき市役所の方々、そして商工会議所から参加してくださった方など、まさに 官・民・学がしっかりとタッグを組んでの協働事業 でした。生徒たちのためにご協力くださったみなさん、本当にありがとうございました!

 放映日:11月29日(日)11:24~11:30まで あと3日!

 

 

メディア教育講座(防犯教室)

 本日の5校時、福島県生徒指導アドバイザーを務める、医療創生大学の中尾 剛先生を講師にお迎えし、メディア教育講座を行ないました。

 中尾先生は、情報モラル専門家として、多くの学校その他で講演や指導を行なっています。本日は、「SNSやゲームによる依存症の怖さと健康への影響」というテーマでご指導をいただきました。

 スマートフォン、タブレット、ゲーム機などのインターネットツールの使用、SNSやゲームを介したコミュニティは、今や避けて通れない課題です。わたしたち大人は、子どもたちに対して「使用しない・させない」という視点ではなく、いかに安全に、有効に、便利なツールを活用するかという視点で教育していかなければなりません。今回の講座では、「依存」、「被害の実態」、「情報モラル」をキーワードとした貴重なお話を聞くことができました。

 本校では、これからも様々な機会を捉えて、メディア教育を推進していきます。

【スマホ、ゲームに依存していませんか?】

【情報の本質を十分理解しなければなりません】

 中尾先生からの最後のメッセージは、「今日の講座の内容をもとに、家族で話し合ってください」でした。様々な課題を自分ごととして考えて、メディアを安全に、そして有効に活用していきましょう!

【代表生徒のお礼の言葉】

 

FMいわきの生放送が終了しました!

 毎月第4火曜日にFMいわきさんの人気番組「とびベティのヨーソローアタック!」に出演している平三中の2年生。「平三中、報告します!」というコーナーでキャリア教育への取り組みの様子を紹介していますが、第3回目となる11月の出演が先ほど無事に終わりました。さっそくその様子をご紹介します。

 18時15分から行われた打合せでは、いつになく緊張感が漂う雰囲気でしたが、パーソナリティーの飛田さんとベティさんの優しく温かいトークに徐々に表情が和んでいきます。さあ、いよいよスタジオで本番がスタートします!

 まずはじめに登場したのは、東京大学出前講座のプレゼンで優秀グループに選ばれた代表者です。【地球温暖化・異常気象】【医療・ウィルス】のカテゴリーでのユニークな発表を紹介しました。

 続いての登場は、エネルギーの歴史や未来について学んでいる2人です。県内各地を回ったスタディーツアーに続いて、いわき市の発展を支えた石炭産業の遺構を訪ねた様子を紹介しました。石炭化石館での学習や体験、そしていわきで初めて石炭が発見された弥勒沢の「石炭(すみ)の道」を歩いた感想などを報告しました。

 もちろん生放送ですから色々なハプニングが起こります。そんな時にはガラスの外から天の声が!コロナウィルスの感染を防ぐためにスタジオに入る人数が限られていますが、スタジオの外からしっかりサポートしているのです。

 15分の出演時間は今月もあっという間に過ぎてしまいました。スタジオ出演を終えて毎回感じることは、生徒たちが自分自身で考えたことをしっかりと聞き手に伝えることができる表現力・コミュニケーション力の高まりです。これは教えたからといってできるものでも、すぐに身につくものでもありません。今回のキャリア教育の取り組みがスタートして4か月が過ぎましたが、ひとつひとつの経験の積み重ねが堂々とした今の生徒たちを支えているのだと思います。ラジオ出演はあと3回。エネルギーを軸とした取り組みもまだまだ続きます。生徒たちが今後どこまで成長するのか楽しみですね!

 そして19時からの生放送を聞き逃した方には、23時からの再放送もあります。あと10分後のスタートです。どうぞお聴きください!

 

 

 

男女とも福島県中学校新人卓球大会に出場!

 11月23日(月)、猪苗代町の総合体育館「カメリーナ」で福島県中学校新人卓球大会が開催され、男女そろって本校卓球部が出場しました。

 結果は、惜しくも予選リーグを突破することができませんでした。しかし、次に繋がるよい経験となったということです。これからの鍛錬次第で、来年度の逆転があるかもしれませんね! 期待しています。

 *写真は顧問提供です。