ようこそ!

夏休みも後半に入りました。

事件・事故・健康に十分気をつけて,楽しい思い出をつくってください。

 

 

こんなことがありました

出来事

長倉歳時記…花の手柄ではあるんですけど…

「草いろいろ おのおの花の 手柄かな (芭蕉)」

草にもいろいろあって,よく見てみるときれいだったりするのですが…

確かに,花各々の手柄なのですが,除草はしなくてはいけません。

そんな中で…

…本校用務員さんが,駐車場付近をお盆中の早朝にきれいにしてくれました…。

本当にありがたいことです。

 

 

長倉歳時記

「百日紅 坂がそのまま 門内へ (波多野爽波)」

夏休みに入って,子どもたちが学校に来ません…。

話題を見つけにくいので歳時記連発です。それにしても,長倉小学校で良かった…。豊かな環境のおかげで,なんとかつなげます。

「百日紅」は「サルスベリ」と読みます。木の皮が滑らかなので「サルスベリ」なのだと思います。漢字だと「百日紅」で,かなり印象が変わりますよね。

それにしても,この俳句,長倉小学校にピッタリです。もしかしたら,校地内に波多野爽波さんが潜んでいるのかと思いました。…探してみたのですが,それらしき人物はいませんでした。

 

 

長倉歳時記

「正直に 咲いて こぼれて 鳳仙花 (遠藤梧逸)」

毎年,同じ場所に咲くのです。誰も種をまいていない…。

本校敷地にある数々の樹木が,毎年同じ時期に花咲き,実をつけます。加えて一年草と言われている草花も,毎年同じ時期に花咲,種をこぼします。

「正直」という言葉がぴったりの,命のつながりです。

 

 

ある日の職員室の会話…

毎日,各教室の授業の様子を見てまわる本校校長…。

この日は職員室に戻るなり,僕にこう問いかけました…。

「返事はどうして『はい』なんだ?」「子どもに聞かれたとき,答えられないだろ?」「『うん』じゃダメなのか?」

…僕は答えられませんでした…。と言うわけで,調べました。

「はい」には次の意味があるそうです。

 ①相手の言葉を聞いていることを表した言葉

 ②肯定・承諾の意味を表す言葉

 ③注意を促す言葉

ちなみに「はい」の反対の言葉は「いいえ」だそうです。極めて英語の「YES」に近いのが,返事に使われている「はい」です。やはり返事は「はい」ですね…。

そう言えば…本校校長が僕にこう言ったことがありました。

「返事は『はい』か『YES』だ!」

この言葉だけを紹介すると,なにか高圧的な感じがして誤解をまねきそうですが…この時,校長先生は笑顔であったこと,僕も笑顔であったことを付け加えておきます。

 

長倉歳時記

「児の声が 割り込む電話 花糸瓜 (藤石すぎ乃)

なるほど,あの糸の様子は「電話」ですね。

夏休みで割り込む児の声が聞こえない…少し寂しそうな今日の糸瓜でした。

「草茂る…」となってくると…。

前回の歳時記…

「草茂る 一滴の水 天になし」となってくると,こうなってきます。

あっちでも…

こっちでも…

「夏休み,先生って何やってるんですか?」と良く聞かれますが…

もちろん「除草」だけではないことを付け加えておきます。

長倉歳時記

「草茂る 一滴の水 天になし (神谷沙魚子)」

「一滴の水天になし」のこの暑さです。

水がないのに,草たちは元気です。

この広い敷地…除草剤は使えない…となってくると…。

またの機会にお知らせします。

 

長倉歳時記

「孔雀草 かがやく日照り 続くかな (水原秋桜子)」

孔雀草=マリーゴールド,です。

マリーゴールドにも,様々な咲き方・色があるのですね…。

本校敷地内だけでも,3種類確認しました。

ぜひ,皆様と考えたいです…。

第6学年の学年通信「希望」(7月20日付)からの引用です。

「保護者の皆様の中には,絵本作家のぶみさんの絵本『ママのスマホになりたい』を読まれたことがある方もいらっしゃると思います。『いつもママがスマホばかり見ていて,僕の話したいことを聞いてくれない。僕の事なんてどうでもいいのかもしれない。いっそのことママのスマホになりたい…』というようなストーリーの絵本です。主人公・かんたろうの気持ちは,絵本の主人公特有のものではなく,だいぶ大人びてきた6年生にとっても,共通だと思わずにはいられません。

携帯電話(スマホ),特にSNSを通してのコミュニケーションは大変便利です。また,仕事上、必要なときも多々あります。ただ,親にとって子どもが特別な存在であるように,子どもにとっても親は特別。親だからこそ話せること,話したいことがあるものです。話すことで元気になったり,安心したり,スッキリしたり…。目を見て直接コミュニケーションをとることは,相互理解だけではなく,心に安定をもたらしてくれるすばらしいことです。

 お子さんの声に耳を傾け『心に寄り添える時間と心のゆとり』を持ちたいものですね。…」

以上が引用文です。ぜひ皆様と考えたい内容です。子どもたち,現在夏休み中です。一人で家にいる時間が長いかと思われます。時間を埋めるのは,ゲームでしょうか,ネットでしょうか…。

僕も帰宅後には,息子との『心に寄り添える時間と心のゆとり』を持ちたいと思います。