ようこそ小名浜西小学校へ!
こんなことがありました

出来事

豆まき集会

 今日は「立春」ですが、先週2月1日(金)には全校で豆まき集会を行いました。

まずは全校放送で、校長先生から「節分」の由来と「立春」の意味について説明があ

りました。次に、児童会運営委員が豆まきの風習について調べたことをくわしく報告

した後、各学年の代表児童がそれぞれの追い出したい心の「鬼」を発表し合いました。

そして、最後に5年生が各教室を訪問して、声高らかに豆まきを行いました。

全校なわとび ~記録会へ向けて

 業間運動の時間に全校生で 学年毎のなわとび練習を行っています。

なわとびは、個人の技能もさることながら、特に長なわ跳びでは集団に

よるチームワークが記録に大きく影響することから、各学級の先生方も

一緒になって子どもたちのがんばりを応援しています。

いわき市小中学生版画展

 1/5~1/14まで、いわき市立美術館で市小中学生版画展(前期)が開催

されていました。本校では1年生から6年生までの全児童参加での展示でしたが、

学年毎に共通のテーマでの製作でした。大きな作品で迫力や見応えがありました。

 現在、市内の各学校でインフルエンザが猛威を振るっています。

本校でも、出席停止を余儀なくされている子どもたちの数が増えています。

お互いに注意し合っていきましょう。また、お休みしている児童の皆さん、

どうか十分に休養をとって治し、また元気に学校へ登校してきてください。

 

 

3学期始業式

 

 新しい年を迎え、学校にも再び子どもたちの元気な声が戻ってきました。

そして、体育館では第3学期始業式が行われ、校長の新年のあいさつと生徒指導担当からは

生活面での指導が行われました。子どもたちの表情はみんな真剣そのもので、気持ちを新た

に取り組む意欲が感じられました。

 

ピアノとヴァイオリンのデュオコンサート鑑賞

 今日は、1年生が「おでかけアリオス」常光今日子・鈴木香保里デュオコンサート

を鑑賞しました。子どもたちは、間近では、なかなか見聞きする機会のないピアノと

ヴァイオリンのプロによる生演奏に、身を乗り出すようにして聴き入っていました。

古典に親しもう(落語鑑賞) 

 

 昨日は古典に親しもうというテーマで、1年生から6年生までの全校生を対象に、

日本の伝統芸能である「落語」を聞く機会がありました。

 講師は、落語家でラジオなどにも出演して活躍している、春風亭正太郎さんです。

1~3年生には、落語というものについて、わかりやすくおもしろく説明していただ

きました。また、4~6年生は、正太郎さんの落語に、みんな真剣に興味深く、引き

込まれるように聞き入っていました。

 子どもたちは、ことばの世界から情景を思い浮かべ、想像を広げていくことのすば

らしさを体験していました。

 

5年生 スチューデントシティ(経済教育施設・Elim)で体験学習

 本日、5年生は、多くの保護者ボランティアの皆様のご協力を得ながら、

スチューデントシティ(経済教育施設・Elim)で体験学習を行っています。

子どもたちは、予め希望した、各企業・役所等のブースの配置につき、

そこでの職責を果たすべく店員や職員となってあれこれと考え、奮闘して

います。

 

 

人形劇鑑賞会

 昨日は、福島県文化事業の助成を受けて、2年生を対象に人形劇鑑賞会を開きました。

全国を回られている、人形芝居燕屋のくすのき燕さんによる、一人芝居人形劇を勧奨しま

したが、日頃は経験できない人形劇を、子どもたちも興味をもって楽しく鑑賞しました。

 

  

感動の中で創立50周年記念学習発表会が終幕

 学校創立50周年を迎えた学習発表会が行われ、6年生の劇「いのちのリレー」

及び「終幕のことば」をもって、多くの感動の中、発表会が終了しました。

 今年の発表会スローガンは「西小50周年 平成最後の学習発表会 心を一つに

もり上がれ」でした。どの学年の発表でも、ことばかけや歌唱・合奏、身体表現、

その他、係活動などにおいて、普段の学習成果がいかんなく発揮されていました。

 特に、6年生の子どもたちの顔には、最後の学習発表会を終えての達成感があら

われていました。そして、すべての子どもたちに、今日、学んだことを今後の生活

にぜひ生かしていってほしいと思います。