こんなことがありました。

今日の出来事

ルーセントカップ争奪ソフトテニス一年生大会

 11月27日(土)にルーセントカップ1年生大会が行われ、勿来一中からは女子2ペアが出場しました。中学校からソフトテニスを始めた4人ですが、ルールや試合の進め方を覚えて毎日熱心に練習に励んできました。試合では声をかけ合いながら一生懸命にプレーをし、1ペアは2回戦まで、もう1ペアは3回戦まで勝ち進み、ベスト16に入ることができました。まだまだ、ミスも多く反省する点は多いですが、4人ともに先輩のように上手になりたいという思いが強いので、これからの成長が楽しみです。

第65回 勿来方部剣道大会 兼 第3回 間宮俊彦杯争奪剣道大会

 11月27日(土)に南部アリーナにおいて、勿来方部剣道大会が行われました。午前中に行われた個人戦では、一人一人が全力を尽くしましたが、惜敗しました。

 午後には団体戦が行われました。植田東中学校Bチームとの対戦では、先鋒が2本、中堅と大将がそれぞれ1本ずつ取り、勝利しました。続く錦中学校Aチームとの対戦には惜敗しましたが、1本を争う善戦を繰り広げました。

 また、今回は団体戦で3位入賞を果たしました。応援してくださった皆様、ありがとうございました。

 

煙の中の避難訓練

 

 令和3年11月26日(金)、第2回避難訓練を実施しました。これからの時期、空気が乾燥して、火災が起こる危険が増えていくることから、地震後に火災が発生したという想定で訓練を行いました。

 今回は、避難訓練用の人体に無害な発煙筒を使用し、煙の中、視界が制限される状況で、自分の身の安全を確保しながら、防火扉を通って避難する体験をしました。生徒たちは、火災での煙の恐ろしさを十分に実感しながら、真剣に避難することができました。

 

ふくしま駅伝 いわき市6位

ふくしま駅伝大会に、勿来一中から3名がエントリーされ2名が走りました。卒業生も1区を走りました。

1区の小野さん(卒業生)は3位で2区にタスキをつなぎました。9区を走った片桐さん(2年生女子)は3㎞を11分18秒で区間7位の走りで10区にタスキを渡しました。15区を走った蛭田さん(1年生女子)は3.4㎞を12分10秒で区間4位の走りで順位を1つあげてアンカーにタスキを渡しました。アンカーが6位でゴール。

いわき市は優勝を目標に頑張ってきました。優勝は逃しましたが、6位と大健闘! 勿来一中の生徒や卒業生が、いわき市の代表として精一杯頑張り、いわき市民に沢山の感動を与えてくれました。

オリンピアンによる講演会

 令和3年11月10日(水)、北京オリンピック陸上競技日本代表選手で、女子400mと4✕400mリレーの日本記録保持者、千葉麻美様を講師に迎え、オリンピック・パラリンピック教育推進事業の推進校として、講演会と実技講習会を開催しました。講演では、夢・目標を叶えるためには、挑戦・素直・工夫・決断力・強い心(ポジティブ)・自信(自分が好き)が大切であるということを経験を交えながら、お話しいただきました。実績に裏打ちされたメッセージは、生徒の心に響きました。また、実技指導では、速く走るためのコツを具体的に教えていただき、生徒たちは、走る楽しさ、身体を動かす楽しさを感じたようです。最後に、生徒会長が、「ポジティブに考えることと自分に自信を持つということが大切だと学びました。」とお礼の言葉を伝えました。

進路説明会開催

 令和3年11月5日(金)、第3学年生徒と保護者の方を対象に、進路説明会を開催しました。進路指導主事から、進路決定までの流れや日程、各学校の選抜方法について、進路説明会資料、進路予定表(進路カレンダー)、募集要項をもとに、パワーポイントを使って、具体的に説明しました。多くの保護者の方々に参加いただきましたことに感謝いたします。
 生徒の皆さんは、自分は将来どのように生きたいのか、将来の希望する職業に合った高校を自分で選択できるようにしてください。保護者の皆様は、親としての思いを伝えたり、人生の先輩としての助言をお願いします。
 11月12日(金)から、三者相談を予定していますので、遠慮なくご相談ください。3学年はもとより、全職員でサポートして参ります。

お祝い 県新人野球大会 準優勝!!!

 10月24日、30日、31日の3日間にわたって、白河グリーンスタジアム、ブルースタジアムで新人野球大会の県大会が行われました。

  勿来一・勿来二・植田東連合チームで臨んだ県大会は、苦戦を強いられながらも決勝戦まで勝ち進むことができました。特に準決勝の中村一・中村二連合チームとの試合では、6回表まで2点をリードされる厳しい展開でしたが、2アウト1・3塁で迎えた同点のチャンスに、勿来一主将の2点タイムリー2ベースヒットで同点に追いつきました。3校の気持ちのこもった声援が後押しした、気迫のバッティングでした。

 決勝戦の石川義塾との試合は惜しくも敗れてしましましたが、3日間にわたって精一杯戦ってくれました。この経験を生かし、さらに高いレベルで戦えるよう、日々の練習を頑張っていきましょう!

  ナコイチ野球部お疲れ様でした!!!

 

 対 川東学園  3-0 勝利

 対 福島第二  8-1 勝利

 対 中村一・二 2-2 (タイブレーク3-1) 5-3 勝利

 対 石川義塾  0-4 惜敗

 

生徒会サミットに参加してきました

10月30日(土)に、総合教育センターで生徒会サミットが行われました。いわき市教育委員会がキャリア教育推進事業として実施しています。

本校からは生徒会長が参加し参加し、いわき市内各中学校からの多数の参加者と一緒に活動してきました。

4人~5人のグループに分かれ、「ふるさと”いわき”のよさをCMにして発信しよう」のテーマで、いわき市のよさをアピールするCMづくりを行いました。

初めて顔を合わせる生徒たちでしたが、東京学芸大学の大熊先生の指導のもと、それぞれの発想を大切にしながら活発に意見を交換したり、電通のスタッフからオンラインで助言を受けたりしながら、15秒のCMを完成させました。いわき市のよさが伝わる素晴らしいCMとなりました。

CMづくりを通して、伝え合う力の基礎となる「発想力」「判断力」「表現力」「グループ活動による課題解決能力」を培ってきました。次回が楽しみです。

東北駅伝大会

 10月29日に山形県天童市の山形県総合運動公園において、東北駅伝大会が開催されました。

 

 少し肌寒く感じる気候のなか、選手たちは優勝を目指して精一杯走りましたが、惜しくも入賞はなりませんでした。

 

 県大会の悔しさを胸に、毎日の練習に懸命に取り組んできた姿、大変立派でした!東北大会で得られた経験を次の目標に生かして、より素晴らしいナコイチ駅伝部にしていきましょう!

 

 ナコイチ駅伝部お疲れ様でした!!!

秋華祭① 開祭式、オープニングセレモニー

 令和3年10月22日(金)、秋華祭(文化祭、合唱コンクール)をテーマ「彩(いろどり)~魔法の歌声を心の宝箱へ~」のもと、体育館で開催しました。新型コロナウイルス感染防止対策のため、保護者の皆様に参観をご遠慮いただいたことへのご理解ありがとうござました。
 開祭式では、校長が「学級全員の声を1つにして、美しいハーモニーを響かせほしい。中学校生活のよき思い出となることを期待します。皆さん一人一人が主人公になって、素晴らしい1日にしましょう。」と生徒を励まし、生徒会長の開祭宣言で秋華祭がスタートしました。
 オープニングセレモニーは、秋華祭実行委員が、魔法をキーワードにディズニーのキャラクターに扮し、新型コロナウイルスのために、秋華祭が中止になるところを、歌の力で合唱コンクールの実施に導くといった内容でした。ステージ上に掲示したテーマに基づくビックアートは、美術部の生徒が夏休み中から長い時間をかけて完成させました。