学校沿革

○明治 6年7月 7日 本校開校。集議小学校とし、東陽寺を仮校舎とする
○明治 8年9月20日 入遠野小学校と改称。東陽寺内に校舎新築
○明治19年4月 1日 入遠野尋常小学校と改称
○明治22年10月1日 市町村制の施行により、入遠野・上根本・大平の3村合併して、入遠野村となり現在の学区域となる
○明治29年3月18日 入遠野尋常・高等小学校と改称
○昭和16年4月 1日 福島県石城郡入遠野国民学校と改称
○昭和22年4月 1日 福島県石城郡入遠野村立入遠野小学校と改称。同中学校が本校内に開校
○昭和30年3月30日 福島県石城郡遠野町立入遠野小学校と改称
○昭和41年10月1日 福島県いわき市立入遠野小学校と改称
○昭和42年2月 1日 新校旗樹立
○昭和45年3月31日 入定分校廃止
○昭和46年3月31日 屋内運動場竣工。大平分校廃止
○昭和47年3月31日 根本分校廃止
○昭和48年3月17日 創立100周年記念式。記念碑建立(屋体前)
○昭和53年8月 4日 プール竣工
○昭和61年5月31日 新校舎落成記念式典
○平成13年4月 1日 学校評議員制度開始
○平成20年3月21日 新校旗披露式
○平成23年10月 東日本大震災による修復工事(体育館,南側フェンス)
○平成26年1月 体育館耐震工事。校庭遊具更新

学校の紹介

学校のシンボル大柳(昨年度末に老朽化のため大幅に剪定しましたが、こんなに元気になりました)

校長より

よろしくお願いいたします。

 本年度、伊達郡国見町立国見小学校より着任しました 五十嵐洋之と申します。

 入遠野地区は、人の温かさや風景が自分のふるさとによく似ています。

 そのような地で校長として第一歩が踏み出せることを大変幸せに感じています。

 素直で明るく元気な子ども達が、心身共に健全でたくましく成長できるよう、教職員一同、力を合わせて教育活動に当たって参ります。

 なお、新型コロナウイルス感染防止対応はまだまだ続いていきます。依然として学校行事や教育活動には制限や様々な配慮が必要です。今後も「子ども達の安全・安心」を第一に考え、保護者・地域の皆様にご協力いただきながら、教育活動を進めていきたいと思いますので、変わらぬご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

学校運営ビジョン

令和2年度 学校経営方針
 安心・安全で、保護者の信頼に応え、地域の誇りとなる学校

教育目標 「おお柳のように強靱で柔軟な心身ともにたくましい子ども」

令和2年度 重点目標
 「主体的に考え、表現する」◎自ら考える子ども

   「相手の立場や気持ちを考え、行動する」◎思いやりのある子ども

 「自他の健康や安全に気をつけて生活する」◎たくましい子ども

 

R2学校経営・運営ビジョン.pdf

学校へのアクセス

JR湯本駅から約18km  新常磐交通バス湯本・上遠野、上遠野・入遠野線約40分入遠野小前下車 徒歩1分

車の場合は(湯本ICから20分)湯本・石川線遠野支所前信号下り線右折、直進8分後T字路右折後直進約1分

周辺地図