日誌

2018年8月の記事一覧

二重の虹

夕方、学校の真上に虹がかかっていました。見られましたか?

めずらしい二重の虹でした。いいことありそう。

みんなの力で!

業間の時間は 先生方と全校生で校庭の草むしりをしました。

500人の力で・・・

どんどん草が抜かれていきます!

あっという間にきれいな校庭になりました。

土曜日の奉仕作業で仕上げをがんばりましょう!

考えるのっておもしろい!

1年生は国語の学習です。

たくさん手があがり上手に発表しています。

みんな分りやすく話していました。どうしてかと学習コーナーをみてみると・・・

発表のポイントが提示されていました。

2年生は詩の学習です。後半の詩は自分で言葉を考えます。

かわいく楽しい作品がいっぱい出来上がりました!

子どもたちの考えってすごいなって聞き入ってしまいました。

じゃんがら献立

美味しい笑顔は 2年生 ♪

    

        

じゃんがら献立は・・・

メニュー ごはん いんげんのゴマよごし かつおの揚げびたし 牛乳 茄子汁

じゃんがらの歌詞にある「米の飯 なす汁 ごまよごし」を再現した献立でした。

2年生の子どもたちは「お魚美味しい!」と元気に食べていました。

勿来八景句碑めぐり

6年生は勿来の句碑の地を訪ね 勿来の歴史と景観を再発見に出かけました!

最初に訪れたのは

小浜海岸・・・

小濱夕照「一しくれ 夕日に干すや 鰈網」 

この勿来八景句碑作りの中心となって活躍された三瓶さんが解説してくださいました。

ここから見える風景からみえる夕陽と詠んだそうでとても素敵な景色でした。

この句碑も東日本大震災の津波で海へ流されたそうですが 海底を探し

発見し 再建立したそうです。

次は 佐糠落雁 「夜は分る 孤雁なるらん 捨小舟」

今は建物が並んでいますが 江戸のころは真っ暗で寂しげだったことが想像できました。

大嶋夜雨「香を焼て 簾の声も 水鶏哉」

中田の八幡神社にも行きました!

勿来海水浴場では

平潟帰帆「昆布とりの 真帆はいぬめり 雲の嶺」


それぞれの説明に熱心にメモを取りながら聞いていました。

今回の句碑めぐりは 山田公民館長さんと 防犯協会長さんの「こどもたちのために」

という想いから実現しました。素敵なふるさとに誇りを持ってほしいなと思います。

ありがとうございました。