こんなことがありました

2017年7月の記事一覧

タヒ先生ありがとう

本校を5年間担当していただいたALTのタヒ先生が今日が最後の授業でした。
タヒ先生の英語の授業はいつも楽しく、子ども達はタヒ先生が来るのを毎週楽しみにしていました。授業以外にも、休み時間に一緒に遊んだり、給食を一緒に食べたりしてくれました。
お別れは悲しいですが、タヒ先生から教えていただいたことを忘れずに、頑張っていきたいと思います。タヒ先生今までありがとうございましいた!!

タヒ先生からお別れの挨拶       6年生代表児童から感謝の言葉
 

朝のあいさつ運動

青少年育成市民会議勿来地区推進協議会の会員の皆様方が、7月13日(木)
14日〈金)に「朝のあいさつ運動」に来てくださいました。




子ども達は、いつも地域の皆様に見守られていることを改めて感じました。
ありがとうございました。

特色を生かしたまちづくりについて考えよう~4年社会科~

 現在、福島大学大学院で社会科の指導について勉強をしている星野先生が、4年2組の社会科「特色のある地域と人々のくらし」を受け持ち、今回は、「いわき踊り」を教材として取り入れています。
 今日は、三味線の演奏者で、日本民謡協会いわき支部の支部長さんも務めておられる坂脇好江さんに来ていただき、お話をうかがいました。

坂脇さんは、20年以上もいわき踊りに関わっておられる方です。いわき踊りが作られた背景やいわきの伝統や民謡に寄せる熱い思いを子ども達に伝えてくださいました。お父様の坂脇尚基氏は、いわき踊りを作られたグループのお一人で、いわきの民謡の保存に長年取り組まれていたそうです。

坂脇さんは、子ども達に伝統文化やいわきの民謡の素晴らしさを伝えたかったそうです。子ども達は、坂脇さんのお話から、地域の特色やよさを大切にして取り組んでおられる方たちの努力に気付くことができました。
坂脇さん、貴重なお話をありがとうございました。

プール学習見学

汐見幼稚園の年長ゆり組の子ども達が、1年生と6年生の交流プール学習を見学に来ました。
3月まで幼稚園で一緒だったお友達が、1年生になって、大きなプールでも怖がらずに活動して
いる様子を見て驚いていました。



1年生の子ども達は、幼稚園の先生やお友だちに誉めてもらってうれしそうでした。
6年生のお兄さんお姉さんにお世話をしてもらって、プール学習を楽しくスタートさせることができました。
プール学習は命を守る大切な学習でもあります。これからもしっかりと取り組んでほしいと思います。

初めてのプール学習

7月5日の2校時目に1年生と6年生でプールに入りました。
 
1年生は、初めてのプール学習でしたが、担任の先生の話をよく聞いて楽しく学習することができました。
 
6年生のお兄さんお姉さんにおんぶしてもらったり、手をつないでもらったりしてうれしそうな1年生でした。
 
最後に6年生に泳ぎを披露してもらいました。
1年生からは「すごい」「上手」「かっこいい」という声がたくさん聞こえてきました。これからのプール学習に向けて目標ができましたね。

陸上大会③

100mA
 
 
 
 
 
4×100mリレー(女子)
 
 
4×100mリレー(男子)