こんなことがありました。

「好き嫌い」をする子が「わがまま」であるとは限らない

・「家の子は、好き嫌い(偏食)がおおくて、わがままなんですよ」という保護者の方がいます。まぁ、体の健康を考えれば、そう思いますよね。でも、

「好き嫌い」=「わがまま」?

 すべてがそうではありません。例えば、家ではまったく野菜に手をつけないお子さんでも、給食の時はみんなと一緒に食べています。まわりの目もあるからかもしれませんが、自分の「いやだなぁ」という気持ちを押し殺して、結局食べています。ほら、このことから、もう「わがまま」ではありません。がまんしていますよね。

 だったら、家でも食べればいいのにと思うでしょうが、外でがまんしていることですので、せめて家では少しは好きにさせてもいいのではと思います。もちろん、甘やかさない程度で。

※あるお母さんが「家は子どもにとって安心できる場にしたい」と話されていました。まったく同意、だからこそ、家でだけ子どもは、ほっとして「好き嫌い」が、本音の話ができるのですから。

※だからといって、学校が「好き嫌いをしていい」と言った、ではありませんからね。バランスよく栄養を吸収しなければ、困るのは自分ですよ!