こんなことがありました。

俺たちの戦いはこれからだ!(完 ではなく 新連載)

・現3年生の皆さん、高校のオリエンテーションでどのように感じましたか。高校合格は打ち切り漫画の(完)ではありません。新連載です。中学校とは異なり、ほぼ同じような意識・学力・体力の集団ですので、皆同じスタートラインに立っています。と思ったら大間違いです。私はU中学校ではそこそこの成績でしたので、特に予習をしていませんでした。ところが高校入学時すぐ隣の席のT一中学校の友人が、高校一年生の教科書を終えていたことにショックを受けた思い出があります。自信をなくして、あっという間にさらに成績下位に落ちてしまいました。だからこそ、授業がさっぱりわからないという人の気持ち、よくわかりますけれど。

 自分の性格をふり返って、「打たれ弱い」のなら、今必死になって予習したほうがいいと思います。

 現1.2年生の皆さん、今度は皆さんの進路達成を第一に私は考えます。高校の先生にとって、今もっとも「望ましい生徒」いや、表現を逆に「困った生徒」は、①指導されたことや友人との問題を自分の都合のいいことだけ親に話して、親と学校でトラブルになる②やるべきことをやらず言い訳し自分を正当化し本気でそう信じ込む③集金を支払えないのではなく支払わない です。さらに一部保護者の無理な要望(我が子かわいさなんでしょうが)には困ることも多いそうです。まあ、どんな世界でもそのような人はいやがられますよね。

 さて、今回の高校の人事異動でも、以前一緒に働いた先生方が管理職として市内の高校に赴任され、嬉しく歓迎の思いです。気軽に本校生徒の学習のようすを見にきてもらおうと思いますし、見られて問題のあることもありませんものね。

 4月からも本校生徒の良さ・積極性をありのままの姿として伝えていきたいと思います。