こんなことがありました。

本日の学校のようすを中心にお届けします

I mustn’t run away, I mustn’t run away, I mustn’t run away…

When I was a child, I did not like the athletic meet. The reason is that I was not good at sports. On the day of the athletic meet, I wanted to take a break from school. I did not want to run because I was slow to run. I was always ashamed. However, I think that I became mentally strong because I remembered so much hard. I think that letting children do what they want will make them mentally weak.

入れ替え戦(バレー部 女子)

・本日本校で、バレー部の大会が開催されています。

→結果 2勝1敗 すべてフルセット 子ども達は課題を少しずつ克服しながら全力を尽くしました。特に最終戦は逆転勝ちでした。入れ替えの結果はわかりませんが、今日のラストはやりきってくれました。

リーグ戦(サッカー部)

・本校でサッカーのリーグ戦が開催されました。今日の本校は3-3の引き分けでした。

※動画あり 得点のうち、1点は動画がぼけていました・・・。

 

体育祭 学年練習(1年)

・体育祭の1年生の学年練習のようすです。

※動画もアップします。前回は、最初でしたので遠慮がちにアップしましたが、アクセス数が多く高い関心をいただいています。

遠足(1年)

・ちょっと遅くなりましたが、1年生の遠足の写真がまとまりましたので、アップします。

 

 

小名浜方部連P総会

・本日夜、小名浜方部の小中学校による連合PTA総会が開催されました。

 ・功労者の方への表彰のようすです。

 

・本校からは、他校に比べて最大数のPTA役員関係の方々がご出席されました。感謝申し上げます。たとえば部活動もそうですが、「我が子が風邪をひいて参加できないが、車を出してくれた」「泊まりの大会に11名もの保護者が一緒に宿泊して世話をしてくれた」など、我が子はもちろん他のお子さんのためにも協力してくれる保護者の方がほとんどです(当然、高校でもそのような保護者の方を望んでいます)。

 私は、何よりも「尽くしてくれる」方を尊敬します。それが子どもでも同じ、たとえば「理科係でもないのに手伝ってくれた生徒」を立派な対等・同格の個人として認めています。

出張中

現在、web担当は福島市に出張中です。基本的に記事の更新はありません。

歩行者の事故防止について

・最近、全国で大変痛ましい交通事故が相次いでいます。自分が交通安全に努めていればいいというわけではありません。以下のポイントを確認してください。

①横断歩道のあるところを渡る

・歩行者事故の7割以上が道路横断中に起こっています。信号や横断歩道があるところを渡りましょう。また横断歩道だからといって油断せず、渡る前の左右確認、横断中の周囲の確認をしてください。

 ②夕暮れ時は明るい服装で反射材を着用する

・夕暮れ時の歩行者事故の原因は、歩行者が勝手に「自分をドライバーは発見しているだろう」と考えていることです。実際、ドライバーからは「見えていない」ことがあります。
黒っぽい服装は避け、明るい服装・反射材の着用を心がけてください。

 ③道路付近では遊ばない 長居しない  

・走っている車はドライバーが危険を感じブレーキを踏むまでに約0.75秒かかります。時速50kmの車はこの間に約10m進みます。またブレーキを踏んでから止まるまでは路面が乾いている状態でも14m進みます。つまり危険を感じてから車が止まるまでに24m進むことになるのです。歩行者や自転車が飛び出してくると、たった数mでは絶対走っている車は止まれません。道路およびその周辺は、基本的に居場所ではないのです。

※大げさかもしれませんが、道路ではいつでも誰かが狙っているような気持ちでいるぐらいで、ちょうどよいのです。

 

「目的」と「手段」

・教員という職業は、子どもの素直な笑顔を感じられる、まさしくやりがいのある職業です。昨年は授業の補助に出向く機会がありましたので、やっぱりいいものと改めて感じたものです(どこかのクラスでまた特別授業やらせてもらえないかな)。

 さて、この職業では、もっともっと子どもの笑顔を輝かすため、管理職でなければできないことがあります。私にとって、管理職は「目的」ではなく「手段」です。子どもの進路達成を最終段階とし、管理職という「手段」をどう使うかが、私のすべきことなのだと思います。

Self-introduction in English

You may have to introduce yourself in English during a high school entrance examination. I know example sentences when you introduce yourself in English. If you are interested in English example sentences, please come to the principal's office. I will teach you English example sentences.

For victory

Today, we are practicing at a sports festival. I uploaded a video of the practice of the athletic festival. The children are working hard to win.

School starts today

Many people are disappointed.

But,

There are still times when I feel sad
but all in all, I sure love this school.

From Kiki's Delivery Service