ようこそ! 
  

  

出来事

図書室でクリスマスイベント!

平成30年12月12日(水)の昼休みに、図書室でクリスマスイベントを開催しました。このイベントは、図書委員会が企画したもので、ALTのウィリアム先生とシルビア先生が講師になって、英語で折り紙を説明してくれるという内容です。一人一人がかわいいサンタクロースを完成させました。とても楽しそうに折り紙を折っていました。明日もイベントを開催します。

ALTと入試問題に挑戦!

平成30年12月12日(水)、3年生の英語の授業です。今回は、高校入試のリスニング問題を使って、英語担当2名とALTの計3名で授業を行いました。会話や質問を実際に3人が英語でやりとりし、生徒に聞いてもらい、入試問題に挑戦させました。実践的な練習になったようです。

全校集会②、平和集会

 平成30年12月10日(月)、全校集会の中で、平和集会を行いました。この集会は、市教育委員会主催の「長崎市との中学生交流事業」に参加し、夏休みに長崎を訪問した中学3年生2名が、その体験を伝えるために企画したものです。交流事業では、長崎市立中学校の平和集会に参加したり、同中学生との交流をしたりしました。また、原爆遺構や世界遺産の見学、原爆ホーム訪問、そして、被爆体験者の方から直接に講話をいただきました。 

 集会は、発表者からの「あなたが思う平和な世界とは、どんな世界ですか。その実現のために、どんなことをあなたはしますか。」という問いかけから始まりました。説明を聞き、私たちが、東日本大震災と比べて、原爆被害についての知識がほとんどないことが分かりました。そして、発表者の原爆被害の体験、平和の大切さを継承していかなければならないという強い思いが伝わる集会となりました。

アンサンブルコンテスト支部大会金賞、県大会へ!

平成30年12月8日(土)、アリオスで開催されましたアンサンブルコンテスト支部大会において、木管と金管の2つのグルーブか金賞を受賞し、県アンサンブルコンテストに出場することとなりました。1・2年生だけによる大会ですが、東日本大会に出場した経験を生かし、一人一人の表現力が発揮されていました。

〇木管8重奏 曲名「鬼姫 ーある美しき幻影ー」

〇金管8重奏 曲名「12の英雄的行進曲」より1.荘重 2.愛情 3.優雅

 

 

 

全校集会①、生徒表彰

平成30年12月10日(月)、全校集会で生徒表彰を行いました。新人大会等の結果は、すでに知らせてありましたが、新たな表彰を加え、全校生徒の前で披露しました。改めて本校生徒の活躍を再確認できました。
〇市新人大会
・卓球男子団体1位、女子団体3位
・ソフトテニス女子個人1位、5位、女子団体1位
・サッカー3位
・ソフトボール3位
・柔道部男子個人73㎏級2位
・陸上、男子走り高跳び3位
〇県新人大会
・卓球男子団体2位
・ソフトテニス個人戦女子の部5位
・陸上、男子走り高跳び4位
〇県卓球選手権大会(カデットの部)

 男子シングルス1位、男子ダブルス3位
〇勿来方部剣道大会中学女子の部優勝
〇全日本吹奏楽コンクール東北大会金賞
 東日本吹奏楽大会金賞
〇アンサンブルコンテスト支部大会
・金管8重奏金賞
・木管8重奏金賞
〇市読書感想文コンクール入選、3年女子
〇交通安全ポスターコンクール金賞、2年女子
〇生命保険中学生作文コンクール福島県2等、1年女子
〇実用英語技能検定準2級、3年男子
〇校内歯みがき選手権

 

特設駅伝部、練習開始!

平成30年12月10日(月)、特設駅伝部の朝の様子です。来年2月2日(土)に、21世紀の森公園で開催される、いわき市新人駅伝競走大会に向けての練習を開始しました。朝の寒さが徐々に厳しくなってきましたが、駅伝部員は、寒さに負けず、朝日を浴びながら、走っています。毎日、練習を継続することにより、体力の向上とともに、心の成長も期待できます。

1学年で調理実習をしました!

平成30年12月6日(木)、1年3組の家庭科の授業で、調理実習をしました。メニューは、「鮭のバターホイル焼き」と「具だくさんみそ汁」です。ホイル焼きは、季節を感じる〝鮭〟と〝きのこ〟を使い、各班ごとに好きなきのこを用意してもらいました。しめじ、えのき、…班によって様々です。丁寧にホイルで包みました。みそ汁は、煮干しを使って、本格的に〝出し〟をとりました。また、野菜は、きちんと下ゆでしました。誰もが、自分のつくった料理のおいしさに、満足したようです。

卓球部へ雑誌取材!

 平成30年12月7日(金)、錦中学校卓球部が「タウンズマガジンいわき」の取材を受けました。12月25日発売の1月号の中・高校生の部活動を紹介する「熱血クラブ」で紹介されます。部員全員の集合写真や練習風景、インタビュー記事が掲載される予定です。インタビューでは、部長が、「全国大会に出場するチームを目標としている。課題を克服するため、工夫して練習している。…」と答えていました。詳しくは、雑誌の発行を楽しみにしていてください。

3学年「心の授業」実施!

 平成30年12月5日(月)、心の教育プログラム事業の一環として、福島大学専門家チームの臨床心理士、佐藤先生と中村先生を講師に、3学年3クラスで、「心の授業」を実施しました。
 今回の授業の目的は、ストレスを感じたとき、気分転換やリラックスも1つの方法ですが、「考え」に注目し、考え方の幅を広げることで、ストレスの軽減につなげる方法を知ることでした。
 実際の授業では、『LINEのやりとりをしていた友達から、既読しているのに急に返事が来なくなった。』という場面を想定し、考え方によって、悲しくなったり、怒ったり、穏やかだったりなど、気持ちが変化することを理解しました。その上で、自分の考え方のクセを、チェックシートを使って確かめました。その後、グループで様々な意見を出す練習をして、幅広い考えたかを知る機会としました。最後に、リラックスに効果的な体操?を体験しました。

生徒の温かい気持ち!

今週の朝、教室をのぞいてみると、黒板に「〇〇先生、HAPPY BIRTHDAY!」の文字が書かれてありました。学級の生徒たちが、日頃の感謝の気持ちを込めて、お祝いの言葉を伝えたようです。さらに心のこもった手作りのメッセージが渡されました。

学級の生徒と担任の良好な人間関係が伺われ、見ていて温かい気持ちになりました。